サム・ワーシントン

恋と愛の測り方 [Blu-ray]到着

4 0
20121003-02.jpg

今日もインターネットサービスのカード決済の事であれこれやっておりまして…
う~ん。もうちょっと掛かるかなあ~と言う感じ。
果たして無事この難関を切り抜けることが出来るのか…ちょっと不安です。

画像は今日届いた「恋と愛の測り方」のブルーレイ。
サムが主演していますー。(中央のキーラ・ナイトレイと向かい合っているのがサム)
恋愛ドラマのサムはどんななのか今から楽しみです。
スタッフとキャスト、商品説明は「続きを読む」をクリックして下さい。


blog-koushin-02.jpg
マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ


商品の説明
内容紹介
愛する人がいたとしても、恋に迷ったことありませんか―
ニューヨーク・マンハッタンを舞台にしたオトナ男女のラブストーリー。

★キーラ・ナイトレイ、サム・ワーシントンほか豪華キャストで贈るとっておきのラブ・ストーリーをあたなたに!
主人公を演じるのは、若干20歳にしてアカデミー賞にノミネートされたキーラ・ナイトレイ。
その後『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズでハリウッドが誇る大スターと成長した彼女が、『アバター』で全世界にその名を知られたサム・ワーシントンと夫婦役で共演。
『最後の恋のはじめ方』のエヴァ・メンデスとフランス人俳優のギューム・カネといった豪華俳優陣の共演が実現!

★ニューヨーク・マンハッタンを舞台に、4人の男女の想いが交差する切ないほどにときめく一夜を描く!
“恋する街"と化したニューヨーク・マンハッタンを舞台に、自分自身の“恋愛の記録"と重ねながら、それぞれの選択に、賛同したり反発したり、誰かと語り合いたくなる4人の男女の恋の行方を描いた物語。

【Story】
ジョアンナとマイケルは、結婚3年目。ニューヨークのマンションで、誰もが憧れるような充実した毎日を送っている。
ところが、そんなふたりに初めての危機が訪れる。きっかけは、マイケルの同僚ローラだ。
ジョアンナは夫と彼女が惹かれ合っていることに気づいてしまう。
折しもマイケルがローラと泊りがけの出張へ旅立った日、ジョアンナは昔の恋人アレックスと偶然再会する。
それぞれが気になる別の相手と、一夜を過ごすことになったふたり。夜が深まるにつれ4人の想いは、激しくも切なく交差していく。
果たして絡まった恋と愛の、行き着く先は―?

【特典映像】(約25分収録予定)※一部を除いてSD収録
■キャスト・インタビュー
■撮影風景
■予告編集

【キャスト】
ジョアンナ役:キーラ・ナイトレイ(『ラブ・アクチュアリ‐』『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)
マイケル役:サム・ワーシントン(『アバター』『タイタンの戦い』)
アレックス役:ギョーム・カネ(『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』)
ローラ役:エヴァ・メンデス(『最後の恋のはじめ方』)

【スタッフ】
監督・脚本:マッシー・タジェディン
プロデューサー:ニック・ウェクスラー(『アンダーカヴァー』『きみが僕を見つけた日』)
共同プロデューサー:サツキ・ミッシェル(『デブラ・ウィンガーを探して』)
撮影監督:ピーター・デミング(『マルホランド・ドライブ』)
衣装:アン・ロス(『イングリッシュ・ペイシェント』)
音楽:クリント・マンセル(『ブラック・スワン』)

[発売元]ポニーキャニオン

(C)2009 Last Night Productions, Inc.
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
キーラ・ナイトレイ、サム・ワーシントン主演によるラブストーリー。結婚3年目のジョアンナは夫・マイケルと同僚・ローラの浮気を疑いつつも、出張へ向かう彼を送り出す。同じ朝、カフェに出掛けたジョアンナはかつての恋人・アレックスと出会い…。


 ←ポチッと押してね!

Comments 4

There are no comments yet.

み~め

突然ですが(笑)こんばんは

カードの手続き面倒くさそうですね。
私は、カード決済があまり好きでないので、ポイントとかは貯まるらしいけど、ほとんど利用しておりません。
義父が亡くなった後、電話料金とかの引き落とし口座変えるのだけでも、超面倒だったので、カードとなると更に厄介そう。
あちこち、たらいまわしされ感があり、余計にイラつきそう。

私は、すごく忙しい仕事が、とりあえず今日終わり、ちょっと一息です。まあ、すぐ次の厭なのが待ってるケド(笑)
このごろ少し、家でインターネットに接続する余裕が出てきたので、今日は、珍しくPCから投稿しています。

体調に関しては、良くはないけれど、去年の今頃に比べたら、考えられないほど回復してきたので、先生の言うように、治るから気長に治しましょうな感じです。
無理をしなければ、悪化しないので、オーバーワークしたら、注射を余分に打ってもらっています。

本の原稿は、一応校正が終了し、カバーを考えてもらっているところです。見本の本が12月の末に出来上がり、売りに出るのは、2月の予定でしたが、もしかしたら、少し早まるかも、と、編集の人が言っておりました。
まあ、自費出版で、書店に出回るのは、450部という、同人誌より少ない冊数なので、半世紀生きた汚点(笑)というところでしょうか。自分用に50部もらえるので、出来上がったら、マクノスケさんにも差し上げますね。こんなアヤシイ本なんか欲しくないかもしれませんが(笑)失笑してやってくださいませ。
50部ももらっても、あげるオタク友達が少ないし、オタクじゃない友達には、私がこんなコトしていると話したこともないので、もらってもらえるなら、スタジンFCの皆様にも、差し上げたいくらいです。
どんな仕上がりになるのか、自分でもよくわかっていないので、ちょっとドキドキですが。ちなみに、文芸社という出版社です。

やはり、心と体のゆとりは重要だと痛感するこの頃なので、今までも、仕事は、ほどほどでしたが、更にほどほどにして、過ごしたいと思います。
マクノスケさんのように、たくさん映画は見にいけませんが、ギャバンだけは、見るぞ~と、気合いを入れています(笑)
それでは、長々失礼しました。





  • 2012/10/03 (Wed) 21:32
  • REPLY

onion

正統派ロマンス?

ココまで普通にロマンスな映画って、サムは初めて?
いわゆる三年目の浮気ものって、既に観る方が照れそう……。
そういえば「マンイーター」をレンタルショップで見ました。
借りようかと思ったけど「新作」だったんで断念。
「準新作」になったら借りようかなあ。ええ、恋愛ものよりこういう悪趣味なのが好みのタイプなものでw

み〜めさん、出版おめでとうございます!
出来上がるまでドキドキですね。

マク→み~めさん

み~めさんへ

いや~ついに出版されることになったのですねー!
おめでとうございますーー!!
すごく忙しい中本当にご苦労さまでした。
どんな本なのか…ちょっと私もドキドキしています。
(おたく本なんですか?ってファンタジーとか?あ~よくわからない)
差し上げるなんて、そんな申し訳ない!
ちゃんと代金支払いますので楽しみにしていますよー。

いや~しかし、ネットの支払いなんですけどね。
実は…ゲームの代金なんですよ。
全部で何口も支払っているので…どのIDのカードが影響しているのか
よくわからないみたいで…サポセンが言うには前に会員になっていた
IDのカードが期限切れになってるとか言うんですけど、
もうそのIDは会費払ってないんだから関係ないんじゃないかとも思うんですけどねえ。
一体どうなってるんだか~。

でもとりあえずひと息つけて良かったですね~。
私も季節の変わり目でなんだか痛みが出て来ちゃってますが
ぼちぼち頑張りますのでみ~めさんも肩の方などお大事にして下さいね!
スタジンFCの方にもコメントありがとうございました!

マク→onionさん

onionさんへ

サム的には「マンイーター」→「ターミネーター4」→「アバター」→
「タイタンの戦い」→「ペイド・バック」→「恋と愛の測り方」
「キリング・フィールズ」→「崖っぷちの男」→「タイタンの逆襲」の順になります。

「キリング・フィールズ」もこれが結構恋愛モード高いので…
サムファンとしてはちょっとドキドキしながら(キリング・フィールズを)
見てしまったんですが、これで少し免疫が出来たので
なんとか耐えられるかなあと思ってるんですが、鼻血ブーだったらどうしよう!!

「マンイーター」ですが…
(これとか「キリング~」とかまだ感想かいてないのが気になってますが…)
出番は少ないものの、最初やんちゃキャラと思わせておいて
案外根はいいヤツじゃん!と思っていたら…
あれ?もう出てない!みたいな…。(笑)
でもね。onionさんならわかってくれると思うけど、この手の…
しかもオーストラリアの映画で、これだけ頑張ってるのか~と熱いものを
感じるくらいの「パニック映画」道を突っ走ってましたよ~ぉ~。
なんかこのサム結構好きなんですけど、
準新作くらいになったら、是非レンタルして確認してみて下さい。