映画

映画「ホビットの冒険」ドワーフ13人見分け表

4 0
h-20120704-07s.jpg
クリックで拡大(1218×370)します。
オリジナルサイズはこちらでご覧下さい。
Thorin and Company – Full Body Rendering

今日は本当に蒸しますね~。(´Д`)
先週から読んでいる「ザ・ストレイン」止まらなくなってきました!
もう気持ち悪いやら、怖いやらで…ホント、デルトロ節絶好調と言う感じ。
Youtubeでこんな動画も発見! The Strain Book Trailer

で、午前中リヴリーのブログを1ヶ月分まとめてアップし、
午後からネットしていていたら、映画「ホビットの冒険」のブログ
「はなれ山通信」のあんじぇさんのつぶやきで
ドワーフ13人の名前を当てるクイズに挑戦した…というのを読みまして…
そう言えば、2月頃、自分用に作ったドワーフ見分け表のことを思い出し、
貼ってみました-。キャラの隣の役者さん名をクリックするとIMDBが開きます。
色は「親戚関係」で分けてあります。
こちらのサイトも参考にさせて戴きました。 
中(なか)つ国(くに)Wiki
愛しのリチャード・アーミティッジ
…でも、覚えられない!映画までには覚えたいなあ。


h-20120704-03s.jpg    h-20120704-06s.jpg
トーリン・オーケンシールド Richard Armitageドワーフの王。
トーリンの甥・兄のフィーリDean O'Gorman(左)  
弟のキーリAidan Turner(右)


h-20120704-04s.jpg    h-20120704-05s.jpg

兄のバーリン(後の大坑道モリアの領主)Ken Stott(左)
弟のドワーリンGraham McTavish(右)
バーリン兄弟の従兄弟・兄のオインJohn Callen(左)
弟のグローイン(ギムリの父)Peter Hambleton(右)


h-20120704-01s.jpg

兄のボンブールStephen Hunter(左)
弟のボフールJames Nesbitt(2番目)
ボンブール兄弟の従兄弟のビフールWilliam Kircher(3番目)


h-20120704-02s.jpg

ノーリJed Brophy(次男) オーリAdam Brown(三男) 
ドーリMark Hadlow(長男)


以下「続きを読む」で別の画像が開きます。





20120206-02.jpg
トーリン・オーケンシールド Richard Armitageドワーフの王。

20120206-05.jpg
トーリンの甥・兄のフィーリDean O'Gorman(左)  
弟のキーリAidan Turner(右)

20120206-03.jpg
兄のバーリン(後の大坑道モリアの領主)Ken Stott(左)
弟のドワーリンGraham McTavish(右)

20120206-04.jpg
バーリン兄弟の従兄弟・兄のオインJohn Callen(左)
弟のグローイン(ギムリの父)Peter Hambleton(右)

20120206-06.jpg
兄のボンブールStephen Hunter(左)
弟のボフールJames Nesbitt(中央)
ボンブール兄弟の従兄弟のビフールWilliam Kircher(右)

20120206-07.jpg
ノーリJed Brophy(次男)
オーリAdam Brown(三男)
ドーリMark Hadlow(長男)



blog-koushin-02.jpg
マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ



 ←ポチッと押してね!

Comments 4

There are no comments yet.

あんじぇ

こんばんは。はなれ山のほう…からきました、あんじぇです。
ワタクシも恥ずかしながら、最近やっと13人のドワーフがそらで言えるようになったところなのですが、やっぱりマクノスケさん同様、ドワーフたちを血縁関係で分けるところから始めました。
リーダーのトーリンとその甥っ子2人、ギムリパパのグローインと兄弟のオイン、そのギムリがモリアで死を悼んで号泣していたバーリンはパパの従兄弟…といった感じで。
この色分けはとてもよい工夫ですね!素晴らしいです。
こうやって分けてみると、PJと美術陣がドワーフたちの出自を意識してキャラクターをデザインしたことがよく分かる気がします。
それぞれ個性的な彼らの活躍を、大スクリーンで見るのが楽しみです…!

そして『ザ・ストレイン』。読みましたし、トレイラーも各種見ましたよ〜!
ハヤカワさんがストレイン3部作の最初の一巻だけ単行本を出して、第2部『ザ・フォール』以降が出なかったので正直恨んで^^; いたのですが、文庫本で3部作を順次刊行予定であることを最近知りました。待ち遠し過ぎます…!
こうなると、文庫版の『ザ・ストレイン』(「沈黙のエクリプス」と改題)は買うべきかどうか、悩ましいところです。

長文失礼致しました。『ホビット』も『ザ・ストレイン』も好きなので矢も盾もたまらず…m(_ _)m

ゆうみ

この写真みて みんな若いころイケメンだったろうなって思ったの。
ごめんね。発想が単純で
キーリさんが好みなのよ。

マク→あんじぇさん

あんじぇさんへ

うわ~!!あんじぇさん、まさかコメント戴けるとは思っておりませんでした-。
嬉しいです-。ありがとうございます。
はなれ山のほう…うふふ。ウケましたー。
ドワーフ13人衆、私、全然見分けが付かなくて…なんとか映画を観るまでに
覚えられれば、面白さが倍増するだろうなあって想いからやってみたら、
ちゃんと立ち位置を血縁関係で分けている事がわかって…さすがPJ考えているなあって!
いや、ホント、なんとか映画までには見分けがゆくように頑張りたいと思ってます。(笑)

そ、それから「ザ・ストレイン」!!!
読んでましたか-!
いや~、なんでもお読みになってるんですねえ~。
いや、私、実のところ、マクタロウ(旦那)がこの本を買って以来、
読もう、読もうと思っているうちに時が経ってしまい…
もう読まないかも…と言うところで、
先々週、宮部みゆきの小説を読み直したことから読書に火が付きまして、
勢いでこの本にも手が伸び読み出しまして…。(^^;)ゞ

で、とっくに読んだマクタロウが続きはいつ出るんだろうなんて言って
ついに2~3日前にネットで調べたりしてたんですよ-。
だから、あんじぇさんのこのコメントを見てビックリ!
文庫になる事、続編が出る事ももちろんですが、私が本を読みださなければ、記事にも
書かず、あんじぇさんから文庫本の発売を教えて貰う事もなかったんですものねえ。
なにか運命的なものを感じて唸ってしまいました。
しかし、私も文庫の1巻(上・下)どうしようか迷ってます。
9月に2巻を買ってから考えようかなあ。(笑)

マク→う~さん

う~さんへ

みんなドワーフメイクだからおじさんだけど、
中央のドーリンを演じてる俳優さんはすっごくいい男なんだよ-。
年は41歳だから若いとまではいかないけど…。
http://www.imdb.com/name/nm0035514/

↑ ここに写真あるから見てみてね~。
キーリさん、フィーリさんは容姿だけでなくキャラ的にも良い役なのぉ!
もう、もう、もうねえ~。(ネタバレ自粛…)