マクノスケblog

スター・ウォーズ、映画、ドール大好きおたく主婦の日記。

TOP >  生活 >   >  宮部みゆき 誰かSomebody

宮部みゆき 誰かSomebody

誰か ----Somebody

昨日から読み返している 「誰かSomebody」 読み終わりました。
ま、主人公の設定とか新聞の連載で重複している
箇所は 斜め読みしながら ざざ~っと ですけどね。

で、読んだ時(2003年)に インプットされていた
つまらなさが全然ない!!(||゚Д゚)
むしろ 面白いから どんどん 読めちゃったわけで…
いや~ 自分でも 謎 !

で、自分なりに思い返してみたんですが…
この小説の前に「模倣犯」を読んでいて… 
それが、ページ数もさることながら
もの凄く濃くてガツンと来るサスペンスで 
だから この次も そういうものを
心のどこかで待っていたのかも。
そこで この作品を読んだので 
正直 地味だなあって思ってしまったのかも。
「模倣犯」のような大量の殺人もどんでん返しもなく…
返って 後味の悪さだけが残っていて 
結果 つまらない という印象が残っちゃったのかなあ。

でも 今 読んだら 全然 印象が違ってました。
主人公の境遇っていうのか立場から来る切なさや
家族(奥さんと子供)を思う気持ちが凄く良く描けていた!
後味の悪さもそのあとのエピソードで帳消しになっていました。
改めて 家族というものの大切さを 考えさせられた作品でした。 
事件のトリックや規模より親子や夫婦、姉妹の関係に視点を
置き直すと、こんなにも印象が変わるんだ~と正直驚いています。

って、私の読解力がなかっただけ?(笑)


blog-koushin-02.jpg
マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ




関連記事
    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    
[Tag] * 

Last Modified : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

ありますね〜

そういうこと。
わたしはこの本は読んでないんですが、ずっと前に読んだ本を読み返してみてビックリすることはよくあります。
結局自分の人生経験も込みで面白くなるというか、深みが増すみたいな。
だから若い頃読んでつまらないと思っても、今の自分が読んだら心にしみる本もあるのかなあと。
その辺が本の「読み手と書き手の会話」が成立する、面白さかもしれませんねえ。
2012-06-21-05:57 onion
[ 返信 * 編集 ]

onionさんへ

え!onionさんも?
あ~、良かった~。
私が ボケ なのかと。(笑)

amazonの評もあまり良くなかったので、やっぱり面白くない話だったんだよね~
と思いながら、読んだんですけど、ちっともそんな事なかったんですよ~。
やっぱり、オチやトリックに対する思いが先行しちゃって、
物語の持つ本当の良さを読み取れてなかったんだなあと反省したりなんかしたんですが、
人生経験も込みですかねえ。
なんか onionさん、良いこと仰る~。
コメント 戴いて良かった~。
2012-06-21-10:00 マク→onionさん
[ 返信 * 編集 ]

本ってさ

読み返す度に味がでる文章ってあるよね。
私もそう言う文章を書ける人間になりたい。
2012-06-21-11:46 ゆうみ
[ 返信 * 編集 ]

う~さんへ

新聞の連載を読む気にならなければ たぶん読み返してなかったと思うので
なにか 運命のようなものを感じてるんだよ~。

私は書く才能はないから 読んで元気を貰うね!

2012-06-21-22:13 マク→う~さん
[ 返信 * 編集 ]