映画

ジョン・カーター

14 0
20120414-02.jpg

本国アメリアでもコケたと聞いてちょっと心配だったんですが…
SF、アクション…と自分の好きなジャンルだったので観に行ったら、
これが案外いい感じ!!

ひょんな事から火星へ飛ばされちゃった主人公が王女と目眩く冒険を
繰り広げるアクションアドベンチャーなんですが…
火星の内戦に未開の部族が参戦したり、コロシアムで決闘させられたりと
なにかを連想させる展開に「これが”スター・ウォーズ”などに代表される
“スペース・オペラ”の原点と呼ばれる所以かぁ~」
と妙に納得。

後半は「マイティー・ソー」なんかも思い出しちゃったりして、
「ソー」が好きな私は「いいぞー。この展開」とノリながら観てたんですが、
でも、如何せん、原作は先なのに(1912年)映像になったのが遅すぎたーぁ
ってところですかねえ。私は原作を読んでないのですんなり入り込めたんですが、
原作ファンの多いアメリカではそれが受け入れられなかったとか?
う~ん。でもなあ。某SF映画の1~2とくらべても遜色ないと思うけどなあ。
やっぱり後発って言うのが敗因なのかなあ。
とにかくジョンの過去や王女との恋に至るまでの心境の変化や
ラストの思いもよらぬオチ、(いや、ちょっと想像出来るけど…)が
大掛かりなアクションの合間に見られ程よくまとめられていた感じです。
火星の犬ウーラが愛くるしくて(顔はそうでもないけど)連れて帰りたくなりました。

お目当てのキアラン・ハインズ(王女のお父さん)マーク・ストロング(謎の神官?)
…はと言うと、これと言って目立つことなくいつもの演技。(笑)
マーク・ストロングはカツラなのか?それとも…。
王女様もウルヴァリンの奥さん役だった人だけあって気品があって綺麗でした。
で、主役のテイラー・キッチュ!!
なんかジョニー・デップっぽくていいじゃありませんかー!
「バトルシップ」も楽しみになってきました。
それとコロシアムの大白猿!ネクスーかと思ったヨ~。(笑)
タルス・タルカス皇帝もなかなか良いキャラで監督の思い入れが
深いんじゃないかと思ってみたりしました。
なんでアメリカでコケたのか謎は深まるばかりです~。


20120414-03.jpg

映画の後、一眼デジカメを家電店に見に行って(買わないけど興味あるので…)
沼津の「うなよし」でうな丼を食べました。
18日がマクタロウの誕生日なので前祝いです!!
しかしうな丼1杯¥2800って!!
稚魚が不漁で高騰してるって話だけど高い~。
でも美味しいから食べちゃうんだよねえ。(笑)


「ジョン・カーター」のあらすじと解説はこちら…

「スター・ウォーズ」などに代表される“スペース・オペラ”の原点とも呼ばれるエドガー・ライス・バローズの古典的傑作SF小説“火星シリーズ”の第1作『火星のプリンセス』を実写映画化したSFアドベンチャー大作。不思議な力で未知の惑星へと飛ばされた地球人ジョン・カーターが、危機に陥った惑星を救うべく立ち上がり、冷血な敵を相手に死闘を繰り広げるさまを壮大なスケールで描き出す。主演はテイラー・キッチュ。監督はこれが実写初挑戦となる「ファインディング・ニモ」「ウォーリー」のアンドリュー・スタントン。
 1881年、元南軍の英雄ジョン・カーターが謎の失踪を遂げ、甥のエドガー・ライス・バローズに一冊の日記が託される。そこには、想像を絶する彼の冒険譚が記されていた――。1868年、騎兵隊の執拗な誘いを拒絶し無気力に生きていたジョン・カーター。彼はある日突然、謎の現象によって未知なる惑星“バルスーム”へと瞬間移動してしまう。いくつかの種族が暮らし、高度な文明を持つバルスームだったが、全宇宙の支配を目論むマタイ・シャンの陰謀によって滅亡の危機に。そんな中、平和を望むヘリウム王国の美しき王女デジャー・ソリスと出会ったジョン・カーター。驚異的な身体能力を発揮する彼は、救世主としてバルスームのために一緒に戦ってほしいとデジャーに懇願されるのだが…。

allcinemaより引用




Comments 14

There are no comments yet.

さくら

「ジョン カーター」アメリカでは奮わなかったそうですが日本ではどうなんでしょう?
(いくら映画オンチな私でも耳に入っております。笑)
ま、マクノスケさんには面白かったようでよかったです♪

大きな鰻ですねぇ!!
2800円ですか・・・高っ!!!

ご主人、もうすぐお誕生日なのですね☆
おめでとうございます!!!
(*^o^*)オ (*^。^*)メ (*^-^*)デ (*^o^*)トー

Helva

火星のプリンセス

最初にTV でちら見したときバルスームって、どこかで聞いたことがある、ジョン・カーターって…と記憶を引っ張ることしばしでした。
バロウズの火星シリーズと言えばわたしが厨房のころいの一番くらいに読んだ創元SFじゃあありませんか。
火星のプリンセス、女神イサス、大元帥カーター…と続いて11,2冊あったように覚えています。
今でも段ボールの中を探ると、紫の衣をまとって金のサークレットをつけたデジャー・ソリス(スレイヴレイア張りの露出度で)の表紙のプリンセスがどこかにあるはず。
シリーズ最後の方は覚えてませんが、この第一作は何度も読んだ覚えが。
ちなみに何冊目かで生まれる息子がカーソリスってミックスネームだったのがおかしかったです。

マク→さくらさん

さくらさんへ

相当な赤字みたいでディズニーも困っているそうですよねえ。
でもなあ。そう悪くないと思うんですけど、なにが悪かったのかホント気になります。
あまりに直球勝負なところが返っていけなかったのかなあ?

鰻は私が住んでいる三島の特産なんですよ~。
ここは三島の隣の沼津なんですけど、三島にあるお店ののれん分けしたお店なんです。
旅行で他の地域のうなぎも食べたことがあるんですが、三島は結構イケてると思います。
お越しの際は是非食べてみて下さいね~。
…って大きいから高いのかなあ?私も焦りました。去年は2300円くらいだったような…?

主人の誕生日も祝って戴いてありがとうございました。
伝えておきますね-!

マク→Helvaさん

Helvaさんへ

Helvaさんなら読んでいるはずだ!と思ってましたが、やっぱり読んでたんですねえ!
私も「スターログ」や横田順彌の「SF事典」でそんな作品があるんだ!
とは知っていましたが読むまでには至らず仕舞いでした。
でもスター・ウォーズやアバターの原点だったら
読んでいれば良かったと今になって後悔してます。

紫の衣をまとって金のサークレットをつけたデジャー・ソリス…
そうか!RJのレイアなんですねえ。
成る程-!ここにも影響が-。
あ~そうしてみるといろんなアイディアを拝借していたんですね。
だからと言ってSWの価値が下がるとかと言うわけではなくて…
だからこそ自分的にツボなんだなあ~と改めて思った次第です。
観に行って良かった!!
いや、でも、息子が「カーソリス」かあ。(笑)
カーター2世やジュニアよりはいいかな。(笑)

onion

やっぱ観たい

お〜マクノスケさんにはOKだったんですね。
ならこれは期待できそうです。
原作は1、2巻あたりは読んだはずなんですが、記憶なしw
それこそ武部画伯の表紙は鮮明に覚えています。
あまりに本国でコケた話が伝わってくるんで、ダメなのかな〜〜と思っていました。
予告はすごく良かったので、近いうちに観に行こうっと。

……それにしても鰻……美味しそう〜〜!

マク→onionさん

onionさんへ

どうなのか~と思っていたんですが、いつもブログを見ている方の評価がやたらと
良かったので、これはイケてるのか~と期待して観たら、やっぱりその通りだったと!
武部さんのイラストとはちょっとイメージが違う(妖艶というより溌剌とした現代風)
のですが、それもレイア系で返ってイケてると思いました。
モブシーンとか「ウォーリー」の時のような
自分物配置の良さも際だっていたように思います。
しかし何で本国でコケてしまったのか…
本当にそんなに悪くないのに不思議だなあ~。

ちーさん

ロマンチックでもあり◎

土曜日に見てきました。
何故だろう、春日部の映画館はガラガラでしたよ。
原作は明治時代に書かれたものなんだよねえ。
映画を楽しんだ後はマクドナルドで夕食を済ませました。
鰻と大違い~(´・ω・`)



マク→ちーさん

ちーさんへ

おはようさん。
ちーさんも観てきたんだね~。面白かった?
こっちはまずまずだったかなあ。
そんなに入っているって方でもなかったけど…
もっと少ないと思っていたからその割りに入っていて良かったかな~。
しかし原作、古いよね~。
それなのにスター・ウォーズやらアバターのねた満載で~
作品の持つパワーに圧倒されちゃったかなあ。
ウチもいつもは映画の後はモスだったりするんだけど
おとといは特別。鰻もこんな値段じゃ次はいつ~?って感じかなあ。

ゆうみ

私もね

デジイチが欲しいのよ。
しかし うんとこおいしそうなうなぎちゃんだね。
ご主人様 お誕生日おめでとうございます。

マク→う~さん

う~さんへ

綿HS医も背景ぼかして良い写真撮りたいから欲しかったけど、
それがiPhoneで出来たんで~

って、その記事にもコメントありがとう!
ウナギは高かったけど美味しかったヨ~。
マクタロウにも伝えておくね~。

satys

見に行きたかった

お久しぶりです。ジョンカーターの原作ファンなので映画館に見に行きたいのですが、体調が許さず、DVDが出るのを待ちます~(涙)

マク→satysさん

satysさんへ

きっと観に行かれているんだろうなあと思っていたんですよ。
体調が悪いとは知りませんでした。ご免なさい。
早く良くなって下さいね。お大事にして下さい。
公開されているうちに体調が良くなることを願ってます。

レスリー・チュン

なるほどね

なんか、タイトルが人名というのは、特に我国では、「コケる法則」ですね。あえて、邦題では避ける事もあります。
こけた例、ジュリア・ロバーツのオスカー受賞作
避けた例、「リトルダンサー」→ビリーエリオット原題

カーターっていうと、政治家名にも聞こえちゃう。
(政治家の話って云うのは、洋の西東とわず商売になりにくい)
いっそ、古くても原作名で行った方が、知ってる人にはアピールしただろうに。

本編そのものに、触れられずスイマセン。

まぁ、見られる余裕がないので、こけた直接の要因は判りませんが、折角この監督は、アニメーションから実写にデビューしたのに残念。でも、額が多すぎやしないかなぁ。
あと、昔あったデビッド・リンチの「砂の惑星」の不振を思い起こしますね。

お体、ご自愛くださいませ。

  • 2012/04/21 (Sat) 22:29
  • REPLY

マク→レスリー・チュンさん

レスリー・チュンさんへ

「フォレスト・ガンプ」や「ロッキー」は副題がついたり苗字なしだから例外かな?
「レオン」「ニキータ」「シェーン」も名前だけだから結構ヒットしてる?

タイトルもねえ。「火星のプリンセス」は原作を読んでいる人はジョン・カーターと聞けば
主人公の名前だとわかっているからタイトルがジョン・カーターでも良かったと思うけど、
どちらかと言うとヒットした場合にシリーズ化する時の事を考えたんじゃないかなあ?
「レイダース」もシリーズ1作目なのに「インディ・ジョーンズ」つけてなくて
統一感ない状態だし~。まあそれで言うと目論見は外れちゃったわけですけどね。

まあ、額が多すぎて回収出来ないのはそうですよね。
でも予算うんぬんは別にしてそれ以上にヒットしてないっていうのが謎なんですよ~。
アメコミだけど「アイアンマン」とか「マイティ・ソー」の要素は
充分あるのにヒットしてないって…それってタイトルのせいなのかなあ?
「砂の惑星」も日本ではさっぱりでしたが(観に行きましたが)アメリカでも
コケちゃったんでしたっけ?こうなるとヒロイックファンタジーってジャンルが
ヒットしないって事になるのかなあ?

体調も心配して下さってありがとうございます。
無理しないよう頑張ります。