映画

2011年間映画ベストテン

3 0
20111203-03.jpg

1.スリーデイズ
2.ミッション:8ミニッツ
3.宇宙人ポール
4.インモータルズ -神々の戦い-
5.スーパー!
6.エンジェルウォーズ
7.RED/レッド
8.マイティ・ソー
9.X-MEN:ファースト・ジェネレーション
10.キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー

今年(2011年)は例年になくパソコンにポスターの画像やらリスト表など
作り毎年恒例の年間映画ベストテンの下準備に備えてきたのに…
気がつけばもう3月も下旬!!
これはさすがに遅れすぎ!と、やっと10本に絞り記事にしました。

と言うか、準備は出来ていたものの…
今年は、いつになく私的には不作で「これだーっ!」といった作品がなく
順番も着けられないと言うのが本当のところなのですが、
それでも1位~4位は、以下の理由でなんとか選べたんですけどね…。

1位の「スリーデイズ」はサスペンスとしてもアクションとしても楽しめ
予想を覆す展開とラッセル兄ぃの好演でトップに決定。
2位と3位はどちらにしようか間際まで迷いましたが、
ストーリーの巧みさとテーマ性で「ミッション:8ミニッツ」を2位にしました。
「宇宙人ポール」は、自分の趣味の分野的にはツボで断然1位なんですが、
ストーリー展開が多少単調な部分もあるなので3位に。苦渋の選択です。(笑)
4位の「インモータルズ -神々の戦い-」はターセル監督のビジュアルに
またまた酔いしれた1作でした。映画館で観るべき映画とは
こういう映画の事かと思った次第です。

で、5位以降は…
なにか同じようなコミックでヒーローな作品ばかりに…。(笑)
いや、趣味なんですけど、ここまで揃うって事はなかったんですけどね。
ホントに作品的には他の30本と順位的にそんなには変わらないんですよ。
特に8位から10位はハマった俳優さんが出ているという理由が強いですかねえ。
他にも「レッド・バロン」や「リアル・スティール」「孫文の義士団」など
ギリギリまで考えていたんですが…いつまで迷っても
埒があかないので、もうこれでいいや!とこの順位に決めました。

おまけ…

男優賞:クリス・ヘムズワース 「マイティ・ソー」
女優賞:シアーシャ・ローナン 「ハンナ」
助演男優賞:トム・ヒドルストン 「マイティ・ソー」
助演女優賞:ヴェラ・ファーミガ 「ミッション:8ミニッツ」
ワースト作品:「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」
監督賞:ターセム・シン「インモータルズ -神々の戦い-」
作曲賞:アラン・シルベストリ 「キャプテン・アメリカ」


■2011年に観た映画
20120326-02.jpg


昨日の怠さはまずまずといったところです。
ご心配してくださったみなさま有り難う御座いました。
でも…足首の痛さは金曜ほどではありませんが消えておらず…
これ以上酷くしないように心掛けたいと思います。


blog-koushin-02.jpg
「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ

   記事を読んで下さったみなさまへ
   コメント面倒という方は拍手ボタンを押してやって下さい。
   開いた画面はそのまま閉じて貰って構いません。


 ←ポチッと押してね!

Comments 3

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/03/27 (Tue) 00:36
  • REPLY

onion

観てますねえ!

わたしはこの半分くらいかな。圧倒的に数が少ないので、ほぼランクのつけようがないのですが、ちゃんと文学作品も見ているのにこのランキング……マクノスケさんさすがです!
「スリーデイズ」は見逃したんですよ~~え~1位だったら見たかったなあ! アクション映画だけどサスペンスもありって、絶対好みだと思うので、レンタルに出てきたらチェックしようと思います!

わたし的にはやっぱり「ミッション:8ミニッツ」かなあ。大作よりも良く練られてコンパクトな映画がいいなあと、最近思うようになりました。

マクノスケ→onionさん

onionさんへ

今年は33本でまあまあ観た方かと。
2月まで脳出血の影響で映画館に行けなかったのも響きましたですねえ。
「ソーシャルネットワーク」もレンタルで観ましたがベスト10には入る作品ではありませんでした。
編集とか映像はさすがって思うんですけどねえ。

「スリーデイズ」はもっと多くの映画館で公開されても
おかしくない作品なのに日本じゃ地味なのかなあ。
でも話はメチャクチャテンポ良く進むしすっごくハラハラするシーンもあるのでオススメですよ-。
リーアム師匠もちょっと出しているところがグー!(笑)
「ミッション:8ミニッツ」同様、決して大作ではありませんが、
アクション映画としてよく練られていて見せ場のある久々に骨のある映画を観たな!と言う感じでした。