映画

マイウェイ 12,000キロの真実

2 1
20120115-02.jpg

 「シュリ」「ブラザーフッド」のカン・ジェギュ監督がチャン・ドンゴンとオダギリジョーを主演に迎えて贈る戦争ドラマ。マラソンでオリンピックを目指してライバルとなった韓国と日本の若者2人が、第二次大戦をまたいで辿る数奇な運命を壮大なスケールで描く。共演は「孫文の義士団」のファン・ビンビン。
1928年、日本占領時代の朝鮮。日本人の少年・長谷川辰雄は、使用人の息子キム・ジュンシクと出会い、ともにマラソンでオリンピックを目指す良きライバルとして成長していく。しかしオリンピックへの夢は果たせず、2人は1939年、ノモンハンで運命の再会を果たす。しかし日本軍として戦うジュンシクの前に現われた辰雄は、冷酷非情な軍人に様変わりしていた。その後、ソ連軍に敗北し捕虜となった2人には、さらなる過酷な運命が待っていた。


近所のシネコンで「マイウェイ 12,000キロの真実」を観てきました。
日本人(オダギリジョー)と韓国人(チャン・ドン・ゴン)の友情物語と思いきや…
時代が時代なので出会った少年時代から敵同士。
それに韓国映画ですから、
オダギリジョーは憎々しい日本人大佐、
対するチャン・ドン・ゴンは正義の部下…
という図式でお話が進むんですけど…
なかなか友情という関係まで行かなくてねえ。
145分の大部分が敵同士だったような…。(´Д`)
出来ればもうちょっと仲良くなるシーンを前に持って来て
ふたりの友情をもっと描けていたら面白かったのになあ。

それに、この映画真面目な戦争映画かと思いきや、
いきなりオダギリジョーが大佐になって登場したり、
謎の中国人の女スナイパーが登場したり、
トラックに激突したチャン・ドン・ゴンがその割に元気だったりと…
韓国の「これでもか!」パワー炸裂!!
これのどこが真実??と疑いたくなってしまう程だったんですが、
調べてみたら、とりあえず早川少尉と言うモデルになった人はいたようで…。

小林源文さんと言う方が「ハッピー・タイガー」という
漫画にしていて、その漫画の展開だと
韓国とは関係なかったはずなんですが、…
監督さんがこの早川少尉の話や「ドイツ軍の制服を着た東洋人」
の写真をヒントに創作してみました~って感じなんでしょうかねえ。
「真実の物語」とするのはちょっと無茶だなあと思ったんですけど、
本当のところは前半の日本軍の話とCGを駆使した戦闘シーンを
やりたかったんじゃないのかなあと思ってみたり。

【1/16追記】
「ハッピー・タイガー」との酷似について
小林先生関係のブログに記事が掲載されています。



blog-koushin-02.jpg
「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ

   記事を読んで下さったみなさまへ
   コメント面倒という方は拍手ボタンを押してやって下さい。
   開いた画面はそのまま閉じて貰って構いません。




Comments 2

There are no comments yet.

ゆうみ

昨日の

徹子の部屋にドンコンさんでてたよ。
映画の話しとか私生活とか話題はつきなかったみたい。

マクノスケ→う~さん

う~さんへ

おー!残念!!!
昨日だったんだね。見逃したーー!!
私生活の話とか聞きたかったなあ。