テレビ

洋書「シャーロック」の表紙

7 0
blog-20180326-10.jpg

昨日はサッカー日本代表の試合を最後まで見て
(私はネットやってましたが)寝たので今日は寝不足…。

で、ぼやけた目をこすり擦り、amazonを覗いたら
「シャーロック」の洋書をみつけたので♡
思わずポチりそうになりましたが…
英語が全くわからないんで…
今回は(!)表紙のためだけに買うのは辞めておきました。(笑)
その分、ブルーレイが出るまで貯金しておこうと思ってマス。
(って、出るって決めてるヨ!!)

 





今日はこの間買った「マスター・キートン」の1巻を読み始めたんですけど、
こ、これって浦沢先生にしては面白い!

ずっと読みたいと思ってたんですけど長らく絶版だったんですよねえ。
噂で「浦沢漫画で一番面白い!」って聞いていましたが、その通り。
出だしからドキドキワクワク、しみじみほのぼの感が漂っていて良い感じ。
って、まだ2話しか読んでませんが、この先が楽しみです~。

    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    

関連記事

Comments 7

There are no comments yet.

onion

これってやっぱり、古い小説の表紙とプロデューサーが序章を加えただけのようですねえ。うーん、表紙欲しさに買いますか?w
写真のムックがでたら、絶対買うんですけどね~!

マクノスケ

お返事ー!!

>onionさん
おはようございます~~!!
やっぱり原作本のようですよねえ。
ちょっとフリーマンがよさげで~。(笑)
もちろん私もムック本出たら絶対買いますよ~ぉ!!
いいなあ。出ないかなあ。
本もNHKに要望出せば良いんですかねえ?

O

うちの姉が海外ドラマ好きなので、たまに録画したのを一緒に見ます。
「えれー個性的な顔のシャーロックで…」と思いつつも面白く鑑賞しました。
まとめて見たくなりますね。
ここのところブログテンプレートの着せ替えを見にくるのが楽しみになりました(笑)
またキレイなの期待してます。

  • 2011/09/08 (Thu) 21:16
  • REPLY

にいな

写真集が出たら買いたくなりますね(笑)
2番目の表紙は「緋色の研究」だから原作本をイメージして?なのかなあ。

マクノスケ

お返事ー!

>Oさん
私もカンバーバッチさんは初めてだったのでこれはすごい顔の人だなあって
感心しながら観ていたんですが、それが3話の終わり頃にはなんだか
癖になってしまって…あれはちょっとした麻薬顔ですね。(笑)
ブログのテンプレートコロコロ変えてしまって…恥ずかしいです…。
でもこのへんで落ち着こうかと思ってます。
テンプレートの作成者の方がCSSだけ変えたものを自身のサイトで
配布されていらっしゃるので、もしそれが更新されたらデザインだけ
変えるかもしれませんが…。(笑)

>にいなさん
ね~!!写真集欲しいですよね。
でもイギリスでも出てないのかなあ?
イギリスに住んでいる友達にメールしてみようかな。
この本、どうなのかなあ?私も英語がわからなくてなんとも言えない
んだけど、英語がわかる人に聞いてみようかな。
表紙だけで買うの勿体ないもんね。

Helva

霧のロンドン、辻馬車にパイプのおそらく不変と思われていたシャーロック・ホームズが現代に生まれ変わって来ましたね。
見逃していたのがやっと見られて感激しています。
ポワロの現代版(アルフレッド・モリーナの)にがっくりした経験があって、危ぶんでいましたが、これならコナン・ドイルも肯んずるなあって。

マスター・キートン、いよいよ出ましたね。密かに旧版のコレクションを自慢していた身には、ちょっと残念ながら、これからまたたくさんの方にあの面白さを味わって貰えるのは嬉しい限りです。

是非是非最後まで読んでください。最後の一ページが一番好きです!

マクノスケ

お返事ー!!

>Helvaさん
ご覧になりましたか~。
私もプチシャーロキアンなので始まる前はどうなのかなあと思っていたんですが、
思っていた以上に役者さんが良い上、ストーリーのアレンジも抜群!!
馬車=タクシー、電報(たしかシリーズの最後の方では電話も出たような)=
携帯、例の注射=ニコチンパッチに代わっていて…
情報収集はパソコンってのも良かったぁ~!!
ホームズがテレビって物を知ったってくだりもウケました。
ポアロさんの現代版ってのもあったんですね!
イマイチだったんですか?
どんなのかな?

「マスター・キートン」も面白いですよね!
やっぱりこの頃の浦沢さんが良かったなあ。
絵もこのくらいの女性の描き方が好みです。
最後って12巻ですよね。
それは「MONSTER」もそうでしたけどそれが決して
「MONSTER」は良かったわけではないので「マスター・キートン」の
終わりが素晴らしいコマで終わることを祈りながら読もうと思ってマス。