マクノスケblog

スター・ウォーズ、映画、ドール大好きおたく主婦の日記。

TOP >  映画・テレビ >  映画 >  復讐捜査線+イングロリアス・バスターズ 【Blu-ray 】

復讐捜査線+イングロリアス・バスターズ 【Blu-ray 】

20110730-04.jpg

オージー(オーストラリアの人)の兄貴分メル・ギブソン
「サイン」から8年ぶりの主演の「復讐捜査線」!!

イギリスのテレビ映画のリメイクで監督「007」のマーティン・キャンベル。
娘を殺された刑事が犯人を追っていくうちに政府の陰謀や企業の秘密に
巻き込まれていくと言うサスペンスアクションもの。

月に照らし出される川面にプカプカと死体が浮かび上がって来る
タイトルも「これって何が起こってるんだろう?」って
予感させてくれて冒頭から掴みはOK!
変に凝っていない正当派な画面作りも好感持てました。
それにメルの「身内を殺されて怒り爆発」って十八番の演技も健在!
前半の抑えた演技→後半のやられながらの必死の応酬ってのも
カタルシスがあってヨカッターァ!!

で、今回、娘を殺されてから度々娘の幻影を見るようになっていく件は
メル映画としては、またずいぶんと「メルヘン」寄りだなあ~と思っていたら、
成る程そういう映画だったのね~と言う部分もあって新鮮さも憶えました。
諜報部員ジェドバーグを演じているレイ・ウィンストンのキャラも印象に残りました。

私的には音楽が「ロード・オブ・ザ・リング」の
ハワード・ショア先生だったのと、
(ショア先生!鳴らす!鳴らす!!(笑))
編集がスチュアート・ベアード !!!!
大好きな「エグゼクティブ・デシジョン」の監督さんで、
元々は編集の人、古くは「スーパーマン」や「オーメン」「レディ・ホーク」などで
リチャード・ドナー監督とコンビを組んでいたんですが、
最近は「ゾロ」「カジノロワイヤル」と、この作品の監督マーティン・キャンベルと
コンビを組んでいるようです。当然ながら次回作は監督の「グリーン・ランタン」!
観るべきなのかぁ~?(笑)




で、帰宅後GEOで中古で買ったブルーレイ「イングロリアス・バスターズ」
のファスベンダーのシーン(のみ!)を観ました~。
改めて観ると、ドイツ語を話すファスとってもいいわ~。
ドイツ軍の軍服も似合ってるけどイギリス軍のベレー帽も似合ってる~ぅ。
いや~ん。もう収集付かなくなってきた~。(笑)



関連記事
    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    

Last Modified : 2018-03-27

Comments







非公開コメント

トラックバック


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
シネトーク72『復讐捜査線』●もっとメル・ギブソンには暴れてほしかった
? 三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「最近、やっぱり昔の映画は良かったなあ、と思うことが多い」 シネトーク71 『復讐捜査線』 監督:マーテ …
2011/08/11 14:04 ブルーレイ&シネマ一直線