映画

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

4 0
20110723-03.jpg


ちょっとネタバレしていますのでご注意を!

モスで大好物の「ナン・タコス」を食べてからサントムーンで
「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」 3D 字幕版を鑑賞。
メガネがずれるし、目が疲れるからホントは2Dで観たかったんだけど、
こちらでは字幕も吹き替えも3D上映しかしてないので諦めて3Dを鑑賞。

PART1は脳内出血で入院していて映画館では観てなかったのですが、
先日レンタルでバッチリ予習。万全を期していたつもりが、上映前に
マクタロウとPART1のラストの話になって全然憶えてない事が発覚。
やはり脳に障害が?(笑)うそうそ。冗談ですけどね。
で、あぁ、そうか。杖ね。杖!
それって、なぜあそこにあったんだっけ?
と聞く私に答えに詰まるマクタロウ。

理由持ち越しのまま映画に投入!
手に汗握る130分を堪能。
3Dはその割に疲れませんでしたが、ま、絶対必要かって言われると
別に2Dでも十分に迫力は伝わったような気もするなあ~。
1作目のほのぼのした雰囲気は微塵もないホグワーツだったりするけれど、
それはそれでアクション好きの私には
あのハリーがそれなりに逞しいようにも見えて嬉しかったし、
各話に登場したアイテムや場所がそれぞれ関連付けられていて
再び新たなる展開として結びついて行くところも面白かった!

ただなあ。
校長先生がねえ。
そうだったのかあ…って感じで。
なんかあれじゃあハリーもスネイプ先生も可愛そうだなあ。
原作だとあの辺はどういう風に書いてあるのか…
先日購入した原作を読んでみなくっちゃね。

映画のラストシーンで「賢者の石」の「ヘドウィックのテーマ」が
ほぼ丸々1曲流れてジョン・ウィリアムズファンの私としては嬉しかった!!
ジョン先生は「アズガバンの囚人」までしか担当しておらず、
「死の秘宝」の音楽はアレクサンドル・デスプラが担当していたんですよね。
って、テーマ曲にもなっていた「ヘドウィック」だから、
最後の最後になにかあるのかと思っていたらそうでもなくて…。
何故メインテーマに「ヘドウィックのテーマ」と付けたのか謎だわ~。

いや~。でも1作目から10年ですか。
ラドクリフくん始めこの映画に携わった人ご苦労様でした。
私も肩の荷が下りました。あ~やっと完結した~。
って、原作買ったんだっけ!!(11巻)
これからそれを読まなくちゃなあ~。
あ~私の「ハリポタ」の旅はまだまだ続くのであった。(´∀`)

20110723-04.jpg
マクタロウが作ってくれた朝食。
卵焼き美味しかったよ~。


20110723-06.jpg
映画の前に食べた「モスバーガー」の「ナン・タコス」!



 ←ポチッと押してね!

Comments 4

There are no comments yet.

onion

原作は……

……すでに覚えてないほど前に読んだので(しかもかなり早読み&1回だけ)、新鮮に楽しめました。
原作→映画派としては、あのとっちらかった原作をよくここまでコンパクトにまとめつつ、きちんと盛り上がりをつくれたなあという、「ご苦労様」てきな感動がありました。
でも映画→原作だと、細かな補完ができてもっと面白いかも、と思う昨今、もう一度読み返す気力はなかったりして。

最後は蛇足めいてましたが、一作目の「ほのぼの魔法もの」に戻り、円環が閉じられたってことかなあと思ってみてました.

マクノスケ

お返事ー!!

>onionさん
私もあれから校長先生とハリーのシーンからざっと読んでみました。
あれって、あのシーン全部入れなきゃダメだったのは?
それに牝鹿の説明も必要だったと思うんですけど、
肝心なところが抜けているんじゃないかなあ。

でも全体的には最後に魅せてくれたなって感じはありますよね!!
私は「アズガバン」までは読んだので、これから「炎のゴブレット」から
まったり読んでみようと思います。(いつになるやら~)

最後は、やっぱり10年前を思い出しちゃって懐かしかったデスよねえ。
やっと終わったって言う安堵感がやっと出てきました。

ゆうみ

この間の火曜日に娘達と三人で観てきたよ・。
ゴーグルみたいな眼鏡かけて 原作は下の娘が読んでるけど 映画は迫力が違うって大感激してた。

私もようやく 主治医から OKでたので 沢山の場所にでかけて色んなものをみたりしたいな

マクノスケ

お返事ー!

>う~さん
家族で観てきたのね~!!
それは盛り上がったでしょう~。
3Dも眼鏡に種類があってウチの方は
今年になって軽いタイプになったよ~。
今回はパート1からテンポも良かったし迫力あったよねえ。
映画館で観て正解って感じかな。

でもう~さんも主治医さんからOKが出て良かったね。
これでいろんなところへ行けるね。
また行ったらブログで紹介してね。