マクノスケblog

スター・ウォーズ、映画、ドール大好きおたく主婦の日記。

TOP >  映画・テレビ >  映画 >  DVD「センチュリオン」

DVD「センチュリオン」

20110618-03.jpg


父に「父の日」のお祝いに携帯を買って実家に持っていき、
帰りにダイソー、マックスバリュで買い物をして帰宅。
夕飯後昨日届いた「センチュリオン」のDVDを鑑賞。

『センチュリオン』(原題: Centurion)は、2010年のイギリス映画。ニール・マーシャル監督による、古代ローマ時代のブリテンを舞台に描いたアクション映画である。紀元117年のローマ第9軍団ヒスパナの壊滅をモチーフにしている。センチュリオン(centurion)とはローマ軍の百人隊 (century)の隊長の意。

日本では劇場未公開で、2011年1月28日にビデオソフトが発売された。(wikipediaより)


私的鑑賞ポイント
元グラディエーターを父に持つ百人隊長の正義感溢れるファスが堪能できる!
半裸で走るシーンなどファスの逃走シーンが満載。
後半には思わぬヒロイックファンタジーな展開が!!

しかし大半が監督の趣味(スプラッターホラー)で進行するため、
「史劇」というより首や手が飛ぶ過激な描写がみどころになっているので、
ちょっと血がダメという方向きではないのは確か。
私的には過激シーンは良いとして(火の玉のシーンや村の襲撃など)
血飛沫が飛ぶシーンで映像処理で後から足している血が、
わざとらしいのが戴けなかったかなァ。

でも全般的にはファスの顔も拝めたし、雪山のロケも生きていて、
満更捨てモンじゃなかったです。もう少し時間があれば、
もっとキャラを掘り下げて描くことが出来て面白いものになったかも。
あと「ドクター・フー」のミッキーが思った以上に出ていて嬉しかった!(^_^)v

関連記事
    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    

Last Modified : -0001-11-30

Comments







非公開コメント