ドール・フィギュア

ぼかしコントロールテスト

2 0
20100610-02.jpg

痛みはまだ残ってますが、今日はまずまずの体調。
心配して下さったみなさま、どうも有り難う御座いました。
風邪薬でだいぶ良くなったので原因はやはり風邪だったのかとも思いますが、
あくまでも自己判断です。寝込む程ではなくなりましたが、
下唇に出来た口内炎が痛いー!!
一難去ってまた一難。
明日、リハビリで病院に行くので診て貰おうと思います。

さて、画像ですが、先月末からこのブログにも書いたFUJIFILMのデジタルカメラ、
「FinePix F70EXR ブラウン 」( FX-F70EXR BW)がアマゾンから本日到着。
しかし、ワンクリックして翌日アマゾンを見たら値段が1万3千円も値上がってました!
良いタイミングで注文出来てラッキー!!

で、今日は欲しかった機能のひとつ。
「ぼかしコントロール」を使ってテスト撮影してみました。
いつもの通り撮影はマクタロウカメラマンです。


20100610-03.jpg

「ターミネーター4」のマーカス・ライトのフィギュア。(発売元:ホットトイズ)
ぼかしコントロールあり。通常蛍光灯下。スタンドなどの明かりなしの状態。
ぼかしの度合いは3段階の一番強いモードを使用。
フィギュアと背景との距離は10センチちょっと。
まずまず背景がぼけてくれてます。



20100610-04.jpg

ぼかしコントロールなし。通常蛍光灯下。スタンドなどの明かりなしの状態。
フィギュアと背景との距離は上の写真と同じ10センチちょっと。動かしてません。
少し離れたところからズームで撮影。
ズームなので微妙に白っぽい感じ。
背景はやはりそれほどぼけてません。



で、そんなに違いはないようにも見えますが、本人の自己満足で言うと、
この値段のデジカメでここまで背景をぼかすことが出来たって事で◎(二重丸)。
あとはもっと説明書を読んでどこまで機能を使いこなせるかってとこでしょうねえ。
とりあえず、今のカメラより画素数(600→1200)ズーム(6倍→10倍)共に向上したので、
少しは今よりきれいな写真が撮れるんじゃないかと思ってます。

 ←ポチッと押してね!

Comments 2

There are no comments yet.

いなりん

この機能は

光学的なものでは無いですよね?
もしそうなら、ちょっとビックリ。

多分、ピントの合っている対象以外を、ソフト的にぼかし効果として処理しているんじゃないかと思うんですけど、どうなんでしょう?

というのも、背景が被写体から100mm程度で、マーカスには全体に焦点が合っているので。
自分の所有しているカメラでは、背景をぼかす事は可能でも、被写体をぼかさない事ができないのでね。

(注:撮影時に不可能というだけで、ペイントツール等で、どうにでも誤魔化す事はできます)


普通、コンデジは開放絞り固定(F2.8)なので、嫌でも背景はぼける物ですが、それ以上に効果が出ているようなので、十分に機能しているということなんでしょう。
最近のデジカメは、本当に凄いですね。

マクノスケ

お返事ー!

>いなりんさん
おーー!コメント待ってました!!
そうなんです。これデジタルで背景を強制的にぼけさせる機能なんです。
でも、なんでも簡単にぼかせるのかって言うとそうでもなくて、
背景と被写体の距離がないと、結構「ぼかせません」と表示が出てつかえません。(^^;)
この写真は背景が黒かったのでたまたま上手く行ったのかも。
被写体を真ん中に持ってきてピントを合わせ手前のものをぼかす事も出来るようです。
マクロで出来る背景のぼかしにも限界があるので、この値段のデジカメで
もう少しぼかせたらと思って購入したのですが、まあまあですかねえ。
お金があれば一眼レフのカメラも欲しいところですが、それは贅沢かなあ。(笑)