映画

ハリー・ポッターと謎のプリンス

0 0
20090816-01.jpgなんだかんだ言いつつも6作目まで来ましたー。

3巻までは原作を読んだのですが、
以降は映画のみ観賞。
3、4、5は、タイトルも曖昧なものも!
(中でも4はストーリーも
おぼろげにしか憶えてない!)

こんな事でいいのかーと言いつつ見た6でしたが、今回やっと大きく動きましたねー。
・・・って、次回で終わりだけど。
(映画は2作になりますが・・・)

以下ねたばれ注意ですヨ!

一番注目していたロンとハーたんも
気持ちが通じたしー、なんと言っても、ハリーとロンの妹が相思相愛って!!!!
妹がハリーにあこがれてるって描写はあったと思ったけど、
今回、違う男とキスしてるしー、ロンじゃなくても
ビックリだよーって思っていたら、
そうじゃなくてハリーと想い合っていたとは、そういう展開かい!!

まあ、私注目のロンも、クィディッチっで思い込みとは言え活躍出来たし、
ラベンダーともつき合った挙げ句、寝言で彼女を袖にするという
高度な恋愛テクニック(なんちゃって)で、ハーマイオニーとも
恋を成就出来たし、次回は3人で冒険かい?ってラストもなかなかイケてました。

でも、ベラトリックスたちにロンドンは大打撃を受けるし、
その手は魔法学校にも及ぶ訳なんですが、その一方で、
ハリーやロンの恋バナで盛り上がっちゃってる脳天気なところが、
どうなの~とも言えるのですが、なんかそのふわふわっとした空気が、
今回の魅力になっていたような気がします。

しかし、校長先生、ホラス先生にいろいろ聞きたいのなら、
ハリーを密偵に仕立てなくても自分で聞き出すとか、
魔法を掛けて聞くとか出来ないもんかーと思ってみたり、
新たなる設定、分霊箱のアイディアに、おぉ!そう来たかーと感心したり・・・。
(7作あるから7つに分けたのか?)

それから、寮と横町のキャビネットの展開はなかなか面白かったですが、
校長先生がハリーを連れて分霊箱を荒波打ち付ける岩場に連れて行くシーン。
あれから、どうやって洞窟に入ったのか気になってます。
最初から洞窟の中へ移動するわけにはいかなかったのかしらねえ。
いや、監督が(原作もそうだったらローリング女史が)、
絵的にカッコイイところを描きたかったってのが真相かも。(笑)
ふたりが入った洞窟の中で・・・ペンダントを手に入れる為に、
ハリーが校長先生に、魔法がかけられた水を無理矢理飲ませるシーンも、
いたたまれないと思いつつも、微妙にクスッとしてしまった私をお許し下さい。

だけど、ドラコが最後まで思い悩み、人を殺せなかったのは、
子供を完全悪には出来ないと言うローリング女史の
優しさだったのか~なんて想像しして、勝手に喜んでみたり。
あれ?いつになく、ハリー・ポッター、楽しんでいる私が・・・。(笑)


 ←ポチッと押してね!

Comments 0

There are no comments yet.