漫画

20+21世紀少年読了!

8 0
20080902-04.jpg

20世紀少年22巻+21世紀少年上下2巻、合計24巻読み終わりました。
自分なりにしっかり読んだつもりですが、最後の方は興奮してしまって、
ページをガンガンめくってしまっていたので、今度は落ち着いて、
もう1度気になるところを読み返してみようと思っています。

で、ねたばれしないように感想を書きますが、
「MONSTER」の最後でどうしても盛り上がれなかった私でしたので、免疫があったのか・・・
それとも「20世紀少年」が「MONSTER」程、風呂敷を広げすぎてないのが・・・
それのどちらとも言えるのかもしれませんが、思っていたよりは、ずっと面白かったです。

現在、封切られている映画で、何人かの有名な俳優さんの出番が何故少ないのかも判りました。
これはねえ、壮大な昭和へのオマージュと友情の物語ですね。
1960年生まれの私には、少年時代のケンヂたちの風景も懐かしかったけれど、
途中からの登場人物の名前と設定が直球勝負で、
浦沢さんの昭和への郷愁とトキワ荘への熱い想いを感じずにはいられませんでした。
でも、子供時代って、それなりに残酷で、その残酷な事もあっという間に忘れちゃったりしてる。
それと対峙する「21世紀少年」の展開は、ケンヂの贖罪の物語でしたね。
人が何で傷つくのか・・・どうして壊れてしまうのか・・・
今回はかなり深層にまで迫れたんじゃないかな。
そして、それに勝てるのが何なのか、ちゃんと答えを出してくれていて良かった。
ま、それがヒーロー物の定番だってところも◎かな。
(答え:「マジンガーZ」のエンディング1番の歌詞)



    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    

関連記事

Comments 8

There are no comments yet.

さちえ

お疲れさまです!
わたしは今日、映画見て来ましたよー
両隣を20代と思われる男子に囲まれて、肩身が狭かったです(笑)
映画の感想は近々アップしますが、原作はオーバーエイジなわたしたちの直球ど真ん中をついてきてますよね。
2巡目を読むと、きっと新しい発見もあるハズですよー

umiko

あー読みたいぜよ。
深層まで行ってるって 子供は残酷だけど どうして純粋という言葉に置き換えられるのだろうと ふっと思ったよ。

  • 2008/09/05 (Fri) 10:16
  • REPLY

Maya

忘れてる…

最近話題なので、ラストと「21世紀少年」のストーリーを
思い出そうと思ってるんだけど、全然覚えてない!
ゆうべ、旦那にも聞いてみたけどやっぱり覚えてなかった…(涙)
気になる…!
実は駄菓子屋さんのあたりくじワッペンは…ってのが「21世紀」だっけ??
やっぱり連載で読むと、他のマンガもあって
流し読みになっちゃうからダメだねぇ。
いまいち全体像を把握できてない…
漫画家さんのエピソードも、マクノスケさんの感想読んで
思い出したよ~。

こりゃやっぱりマンガ喫茶かな…

  • 2008/09/05 (Fri) 12:17
  • REPLY

みすず

はや~い!

一気に読破されましたね~!v-411
 
私は、職場文庫(?)として同僚が持って来てくれた物を
皆で回し読みしましたので、やっぱり一気に読みました。
細かい所を忘れていますので、1巻から読み返したいです…。

ぐらみす

一気読みでしたね~
私、漫画の単行本なんて社会人になってからは読んでないんですよ。
マンキツも行ったことがないし。
昔は漫画少女だったはずなのに・・・

20世紀少年の漫画はチラチラとは見たことがあるのですが、何がいいって、カッコイイ子がいないところ!
私ら子供の頃には、イケてる子なんていなかったよね。
たま~にクラスに1人くらいいたけど、たいてい遊びのグループの中には入ってなかった。
9割方がブサイクな子供だった時代・・・(笑)
女の子は大人になると変わったけど、男の子はそのまんま。

なんかリアルな漫画ですね・・・

マクノスケ

お返事ー!

>さちえさん
先程、そちらにお邪魔してコメントして来ました。
今日病院から帰って来て、12巻~15巻辺りを読み返してみたんですが、
やっぱり、あとから読むと、あそこはあーなっていたんだーとか、
ココのこの人はあの人だったんだーとか再確認出来て良いですね。
ネットを見ると、「ともだち」の正体が、あまり評判良くないみたいですが、
「MONSTER」とくらべると、こんな感じでも、いいかなーと思えてしまいます。
今度は最初の方を読んでみようかな。

>うーさん
「MONSTER」よりも・・・ってところかな。
自分の存在価値や必要性を暗と明で描き分けた濃い部分も良かった!

>Mayaちゃん
当たりくじワッペンの辺りが21世紀だよー。
事件は22巻で片づくけど、もうひと顛末あるのと「ともだち」の正体がわかるのと・・・。
最後の最後まで冒険アクションを忘れていない浦沢さんは凄いね。
漫画家のエピソードは、特に角田さん(=実際は寺田さん)の存在って大きいね!
浦沢さんが、トキワ荘の中で、寺田さんをこのポジションにつけた
こだわりみたいなものを何となく感じちゃったよー。

>みすずさん
先程12~15巻辺りを読み直してみましたが、昨日読んだ私でさえも、
おー!そうだったのかーって感じです。
蝶野刑事とか神父さんとか中国&タイマフィアとか泣けるキャラ満載で、
本筋とはまた別に良かったです。

>ぐらみすさん
昔は漫画少女だったんですねー!!
私も老眼のせいか、ここのところ、すっかり読む気をなくしてましたが、
思い切って、老眼鏡掛けて、一気に読んでしまいました。
「20世紀少年」確かに、美青年は出てきませんね。
あ、脇では蝶野とかいるけど・・・
私も本を手に取るまでは、主人公のキャラデザが、あんな絵だなんて知らなくてビックリでした。
でも、コマによって、ちょっといい男に見えるシーンもあって、そこがまた良かったりしてます。
あ、リアルでは、不細工なままだったりする?

UK

面白そう!

ずーっと前に、友達に薦められましたが、
その時既に巻数が相当だったので、
「追いつかない・・・」と、諦めました。
が、映画を見るなら原作から見たいな。。と思ってしまいますね。
映画も3作シリーズだそうなので、
それまでには読めたらなぁ、と思っています。
文庫版はないんでしょうか??

マクノスケ

映画よりも・・・

>UKさん
なんでもそうかもしれませんが、やっぱり原作は、いろいろエピソードがあって映画よりは
ずっと濃いものになっているので、犯人の正体やら、細かいエピソードに興味があるようでしたら、
先に原作で感動を味わった方が、より楽しめるとは思います。
たぶん「2」で大きな展開があると思われますので、
そのシーンを映画で見るか原作で楽しむか・・・そのへんが微妙なところ。
本に関してはよくわかりませんが、アマゾンなどで検索しても
文庫本は出てこないし本屋でも見掛けないので、
まだコミックス版しか出てないのではないかと思います。