映画

エレクトリック・ドリーム

2 0
20080615-01.jpg

マクタロウが兼ねてから見たいと言っていた「エレクトリック・ドリーム」。
日本ではDVD化されていないそうで、先日オークションでLDをゲット。
土曜日到着したので本日、午前中に鑑賞。
84年の作品。
ダサい青年とチェロ弾きの女性と意思を持ってしまったパソコンの三角関係を
当時のミュージックサウンドに乗せて描く青春映画。
監督はマイケル・ジャクソンなどのビデオクリップなどを数多く手掛けたスティーヴ・バロン。
音楽はジョルジオ・モロダー!!!
80年代に青春を送った人なら涙ものの音楽(カルチャークラブとか!)の洪水。
まだパソコン創世記の頃「ウィンドウズ」が誕生していない時代に
こんな事が出来ると素敵!というパソコンの将来の姿を描いて見せているところが
今見るととっても斬新!!意思を持ってしまったパソコンの画面に彼の意識として
映し出される数々の映像のセンスある事といったら、ポップで堪らない面白さでした。
作品としては古いけど、「愛は奪う物ではない。与える物」というテーマもしっかりと
描き、ミュージック映画としても楽しめる作品!!

で、午後から買い物に出た先で、調子悪くなり、3時頃からずっと寝ていました。
このブログを書いている10時過ぎ頃、だいぶ良くなって来ましたのでご安心を。
どうも、出先のスーパーの冷房が効き過ぎていたのが悪かったようです。
メールやコメントのお返事、また明日書きますので、暫しお待ちを!!

 ←ポチッと押してね!

Comments 2

There are no comments yet.

Maya

なつかし~。
そんな映画もあったねぇ。(見てないんだけど…)
このところ80年代の音楽ブームだからタイムリーよね!

ところで体調よくなさそうだけど、大丈夫?
冷房なんかも影響するんだね。
自分では調節しようがない環境の場合は困ってしまうね…
お大事に!

SWセレブレーションもあるし、体力つけてね!!
がんばれ!

  • 2008/06/16 (Mon) 12:20
  • REPLY

マクノスケ

季節の変わり目

>Mayaちゃん
私もタイトルは知っていて見てなかったけど、これ結構面白かった。
あの時代に青春送った人は尚更面白いと思うよー。
しかし、やっぱり金土と出掛けるのが良くないのか・・・
ここんとこ日曜になると体調悪くてねえ。
結局、今日もイマイチで、婦人科行ったけど、筋腫のせいじゃないみたいだしなあ。
なんとかセレブレーションに元気参加できるよう調整頑張るよ!
心配してくれて有り難う!!!