映画

M(ムウ)Wと大菩薩峠

9 0
20080604-01.jpg今日はいろんな事があり、ちょっとお疲れモード。それでも夕飯のあと「相棒」シーズン3の第7話「誘拐協奏曲」を見ました。舞台仕立てのちょっと趣向が変わった作品で、意欲的とも言えますが、いつものメンバーは右京さんと薫ちゃんしか出てこないので物足りない感じ。薫ちゃんの母ちゃんのシーンはシーズン1~2の間にも出てくるのでしょうか?

ところで今日の映画ニュースで玉木宏が手塚治虫の漫画「M(ムウ)W」の主役をやるってニュースを読みまして、未読なので、どんな話かとWikipediaをみたら「連続凶悪犯罪者の(中略)一大ピカレスク・ロマンである。」と書いてありました。

お恥ずかしながら私「ピカレスク」という意味を知りませんで、これまたネットで調べましたら、「はてな」には、悪漢小説、悪者小説などと訳される。スペイン語のピカロ(picaro)=悪漢・ならず者に由来。このような人物が時に激しく時に華麗に、一般的に悪と言われる行為を成す内容。・・・とありまして、それじゃあ日本の小説には他にどんなものがあるんだと更にググってみましたら「大菩薩峠」がヒット!

「大菩薩峠」って昔の時代小説なのは知ってましたが、なんと主人公が連続辻斬り犯!彼に関わった女が必ず不幸になるらしく、機会あるたびに人が死んでいくようなんですが、それでも狂気に駆られたかのように見える主人公に読み進むうちに惹かれていくのだそうです。
1913年から1941年にかけて何度か中断しながらいろんな雑誌を渡り歩き、最後の方では別の登場人物がメインキャラになってしまったり、かなりとんでもない展開になったまま作者の死より未完のままとなっているそう。新撰組と関わったり、天誅組に参加したり、作者の思想を取り込んで人間の業に切り込んだ大衆小説の基礎となった不朽の傑作なんだそうです。

「MW」」と言い「ピカレスク・ロマン」にちょっと惹かれる私で御座いました。
「MW」の玉木くんと山田くんの関係・・・原作通りに描かれるんだろうか?
たぶん無理だろうなあ~。


 ←ポチッと押してね!

Comments 9

There are no comments yet.

ジャムリ

レスありがとうございます。

私も、9代目ドクターが終了した今も「エクルストン好き」とおっしゃる方に
初めて会いました!うれしい~!
素敵ですよね~!(『光の六つのしるし』は予約入れました。)
ドクターの時の全開笑顔は、あんまり他ではないみたいですけど、
最近は、真面目顔も怖い顔も困った顔も素敵に見えてきたからOK(笑)。

>ピカレスク
たしかに響きだけでロマンを感じます。
昔の作品は読んでいないけど、つまりは
「アウトサイダー的主人公の物語」な訳で、
アウトサイダーはヒーローのポイントっぽいじゃないですか?
昔からヒーローのチーム内にひとりはいたしね(笑)。

マクノスケ

ロマン!

>ジャムリさん
私はまだ「光の六つのしるし」と「エリザベス」のDVD
予約入れてないんですよ。お尻に火がつかないとやらない
タイプなので・・・いや、そろそろポチッと押そうかなと思っています。
「60セカンズ」も安くなっているのは知っているんですが、
これまた買ってない!!なくならないうちに買わなきゃダメですね。

ピカレスク・・・確かにロマンを感じますね。
純粋に正義の味方のヒーローも好きなんですけど、
こういったダークな、人間の内に潜む悪を持った人って
陰りと狂気に惹かれる物があります。
Wikipediaには悪漢が巨悪に立ち向かう和製ピカレスクの
代表として「ルパン三世」が挙げられていました。

ジャムリ

オフィシャル・ガイド購入しました。

ついさっき書店から入荷の連絡があり、
ドクター・フーのオフィシャル・ガイドを買って来たところでーす。

私はまだエクルストンさん入門者なので、他の映画は未入手です。
正直、観てる映画でも、記憶に残ってなくて・・・
ああ、見る目の無かった今までの自分が情けないです。
マクノスケさんや、海外ファンサイトの感想を参考に、
どのくらいの時間エクルストンさんが出てるのか、
どれならホラー系苦手な自分でも鑑賞可か、(お財布の中身を見ながら)熟考中。
『リベンジャーズ・トラジディ』はどうかなと思っているところなんですが、どうでしょう。
例のカメラ目線はOKです(笑)。

>ルパン三世
最初の頃のルパンはかっこよかったけど、そんなに巨悪に立ち向かってましたっけ^^;?
ピカレスクとまでいかない感じがするんですけど・・・。


マクノスケ

オフィシャルガイドのみどころ

>ジャムリさん
エクルストンファンに一生出遭えないと思っていただけに嬉しいです。
オフィシャルガイド買いましたか!
私はねえ。9代目10代目に特化した内容だと思っていたら、
ずーーーと前のモンスターとか知らないモンスターが多くて
ちょっとへこんでしまいました。
私としては、見どころと言えば4ページの9代目の写真のみでしょうか。
もっとめずらしい写真があると嬉しいんですけどねえ。
「リベンジャーズ・トラジディ」は、濃い演技の(笑)エクルストンを
楽しむ分には申し分ないのですが、お話としてはいまひとつ。
何回も見るような作品ではないと思うので、あれば、とりあえず
レンタル・・・の方がいいのではないかと。
ルパン三世は最初のシリーズのラストの方で警察と闘うって図式に
なっていたと思うんですが、たぶんその事を指しているのではないかと思われます。

ジャムリ

オフィシャル・ガイド③

私が買ったのは「オフィシャル・ガイド③ インサイド・ストーリー」です。
ですから、モンスターについてというより、モンスター映像の作り方とか、
エクルストンさんの衣装はこうやって決めた、とか、
このシーンのここに苦労した~みたいな話が出てます。
前書きがテナントくんなのには「ちぇっ」と思いましたが、
エクルストンさんの写真もちょこちょこ入っていますよ。
おかしかったのは、エクルストンさんのことをメイクの人が
「彼は5分以上じっと座ってられなくて、
 まるでホイペット犬にメイクしてるみたいだよ!」
「クリスはあの1年間ほとんど同じままだったんだ。
 生まれてこのかた、クリス・エクルストンがあんなにおしゃれだったことは
 なかったんじゃないかと思うね。」と言ってるところ(笑)。
(いったいエクルストンさんってどんな人なの・・・。)
一番最後に、ラッセルが
「『ドクター・フー』は観ている人、ひとりひとりにとって違うものだということ。
 きみがもしこれを好きだとしたら、それはきみだけの理由で好きになったんだ。
 ぼくたちは作っただけ。
 これはきみのもの。だから、楽しんでくれ!」と書いてて、
なんだかジーンとしちゃった(T_T)。

>「リベンジャーズ・トラジディ」
アドバイスありがとうございます。まずレンタル探しますね。

>ルパン三世
>警察と闘うって図式
最初のシリーズだけ持っているのですが、始めの頃の方が好きで、
終わりの方はあまり繰り返し見てなかったです。
闘うって言っても、あくまでもコメディっぽいですよね?

まっぴら

どもです。m(_"_)m
「M(ムウ)W」はちょっと失念してしまいましたが、手塚先生ですと「弁慶」を描いた漫画で、義経が目立ちたがりの悪党に描かれた作品が印象深かったですか...。
「ピカレスク」と聞いて、ふと望月三起也先生の「ジャパッシュ」なんて作品を思い出しました。えへへ。(笑)

「ピカレスク」は16世紀にスペインで流行した小説のジャンルで、「picaro」ってのは、少しずつ噛みとるとか、好機をのがさず手に入れるという言葉から出たそうで、生き馬の目を抜くように抜け目のない奸智にたけた男という意味だそうです。
ボクは時代劇小説で悪漢が主役ですと、早乙女貢さんの「悪霊」なんてのが好きですね。

昔から漫画も小説も悪役の方が大好きです。自分で手掛けると尚の事。(笑) 性格の傾斜を描くのに手間が掛るから、自然と愛着がわく。出来の悪い子の方がかわゆい。(笑)

  • 2008/06/05 (Thu) 19:58
  • REPLY

マクノスケ

お返事

>ジャムリさん
コメントとメールも有り難う御座いました。
本はインサイドストーリーの方でしたか!!失礼しました。
私も買いました!!
ネットで普段着のエクルストンの写真を見た事があるんですが、
確かGパン履いて割とラフだけどお洒落な感じだった記憶があります。
でも、それってファン故の何でも素敵に見えただけで、
本当は全然お洒落じゃなかったりするのかなあ?(笑)
「ドクター・フー」も40年以上続いている番組ですよねえ。
最初から見ていたら9代目を好きになったかどうかはわからないので、
これで良かったのかなーと思っています。
結果ドクターを飛び越えて、エクルストンのファンにもなれたし!!
「リベンジャーズ~」見たら感想聞かせて下さい。
「ルパン」は、私も昔見たきりなのではっきり憶えていませんが、
最期までコミカルだったと思います。
「泥棒」=悪が主人公で警察(巨大組織)と闘うって
図式=和製ピカレスクって事なんでしょうねえ。

>まっぴらさん
「弁慶」?それは読んだ事ありませんでした。
望月作品も読んだことがなくてすみません。
「ワイルド7」のドラマを昔チラッと見たくらい。
「ピカロ」の語源、説明どうも有り難う御座いました。
理想的な騎士物語の反対側にある「ピカレスク」というジャンル。
現実の社会の裏街道を生きる主人公ってやっぱり魅力的です。
Wikipediaで「ムウ」のストーリーを読むと、ヒューマニズムを
売りにしている手塚先生とかけ離れた壮絶な物語のようで、
玉木宏と山田くんがどこまでやってくれるのか楽しみでもあります。

ジャムリ

やっぱり!

>私も買いました!!
やっぱりお持ちでしたか(^_^)。

>最初から見ていたら9代目を好きになったかどうかはわからないので
ああ、そうかもしれません。
もしも、あの味のある着ぐるみエイリアン達に愛着がある状態だったら、
新シリーズに目もくれなかったでしょう。

マクノスケ

買いましたー!

>ジャムリさん
やっぱり数少ないエクルストンの写真ゲットのために買ってしまいました。
過去のドクターもどれも個性派揃いで誰かに惚れてたかもしれません。
着ぐるみも哀愁ありますよねえ。
メールの動画も見ました。
返事出来なくてすみません!!
でも知らなかったので嬉しかったです。
どうも有り難う御座います~。感謝します!!