映画

ブラックサイト

4 0
20080413-01.jpg土曜に引き続きサントムーンで「ブラックサイト」を見てきました。
ダイアン・レイン扮するFBI捜査官はネット犯罪専門の捜査官。ネット上で殺人を公開しているサイトを発見し、犯人を捜そうとするが、なかなか巧妙な手口の犯人には辿り着けず、やがては身内や部下にも犯人の手が・・・。

ねたばれ注意!

とにかくネットをするには充分気をつけなくてはいけない・・・と思わずにはいられなくなる映画。どういうスパイウェアを使ったのかわからないけれど、自分のパソコンのデスクトップの画像とか相手に見られまくりって言うのが本当に怖い。

その上、まさかと思っていた部下のコリン・ハンクス(「キングコング」にも出ていたトム・ハンクスの息子)が犯人に捕まってしまって殺される有様は思わず目を覆いたくなるほど悲惨な描かれ方でした。犯人が自動で他国にサーバー先を変えて行くので、ダイアン・レイン扮するネット取り締まり捜査官のジェニファーも、犯人の特定が出来ず、コリン・ハンクスの死んでいく様をネット中継されてしまうのが残酷な上に恐ろしかった!!

途中、犯人が登場し、彼の残忍なネット処刑が、自分の父親の自殺が報道でおもしろ可笑しく扱われた事に対する復讐とわかり、それまでの得体の知れない恐怖に理由づけがされた事で、怖さが軽減。以降は犯人とダイアン・レインの手に汗握る攻防がラストまで緊張感がとぎれる事無く持続して終了。ダイアン・レインのような年(43歳!)の女性が主人公というのも画期的だったし、何パターンもの処刑シーンを延々見させられるという点で、かなりのサスペンス色の強いドキドキさせられる映画でした。ちなみに原題は「UNTRACEABLE」で「追跡できず」と言う意味だそうです。

ところでダイアン・レインの年を調べているうちに、彼女の現在の旦那様が、ジョシュ・ブローリンだと知りました。まだ見ていませんが「ノーカントリー」のあの髭の主役、「アメリカン・ギャングスター」ではニューヨークの汚職刑事トルーポ刑事を演じていたあの方!!(「プラネット・テラー」にも出てるのね。)しかも「グーニーズ」では主人公ショーン・アスティンのお兄ちゃん役だった!!!衝撃!!(笑)  ←ポチッと押してね!

Comments 4

There are no comments yet.

umiko

本当にそうなって誰かに全部見られてたら
あ~~どうしましょう。
なんて一人で妄想しております。

  • 2008/04/14 (Mon) 17:45
  • REPLY

マクノスケ

>うーさん
いつもコメントありがとうねー!!
ホント、これ怖かったよ。
ウチのデスクトップの画像、見られてもまずいものはないと思うけど、
見られるのが怖いよねえー!!(ブルブル・・・)

sorairokingiyo

観てみたい映画ですがいけそうにないので記事で映画鑑賞の気分を味わせていただきます~ そうか…結構ショッキングな映像続きで復讐が犯人をそこまで残忍にしてしまったんですね~怖いですね~ 

  • 2008/04/15 (Tue) 02:03
  • REPLY

マクノスケ

>sorairokingiyoさん
映画の半分以上は残忍な処刑シーンなんですが、
ダイアン・レインも頑張ってるし、ネットの問題などもきちんと
描かれているしっかりとした作品でした。
犯人の憎しみだけであれだけの事が出来るとも思えないので、
やはり元々の性格上の異常性もあったのではないかと思っています。