映画

ライラの冒険 黄金の羅針盤

11 0
20080302-01.jpg昨日、昼、夜と食べ過ぎてしまってお腹の調子がイマイチだったんですが、小田原まで「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を見に行って来ました。

実は文庫も買い、上巻の半分くらいまで読んではいたんですが、途中でくじけたままになっておりました。まだクマも出てきてなかったので、どんな役割なんだろうかと思いながら見ましたが、これを見た限りでは、本筋にどうしても必要なキャラでもないような感じです。
でも2部、3部ではなにかしら意味を持つようになってくるんでしょうか。

それを言うと、世界観やキャラの紹介的な「1」はどうしても不利な印象です。パラレルワールドという設定がどういう意味を持ってくるのか「2」や「3」が楽しみなんですけど、アメリカではイマイチ成績がふるわなかったみたいなので続編がどうなるのか心配です。日本でヒットすれば、なんとかなるのかなァ。でも小田原は公開2日目なのに入りはいまひとつでした。
頑張れ!ライラーーーー!!


    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    

関連記事

Comments 11

There are no comments yet.

ちーさん

マクノスケさんは可もなく不可もなく?だったのかにゃ?

わたしたちも今日「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を観ましたよ~。
向こう見ずでその場で適当な事を言うヒロインだね(笑)。
観終えてさっそく子どもが気になったことを言いました。
「ライラは羅針盤を使って何で自分の両親の事を調べないんだろう?」
ま、そうかにゃ?確かにハリーポッターのハリーとはメンタリティがが違うね。
映画を観終えてすぐに「黄金の羅針盤」の文庫を買った子ども。
さっそく読みはじめました。面白いらしいね。

マクノスケ

ライラの冒険(このコメントはネタバレしてるので注意!)

>ちーさん
そうねえ。まあまあだったってとこかなあ。
クマ対決と魔女のキックが一番のみどころだったような気も・・・。(笑)
両親のことは真相を聞かされるまでは死んだと思っていたから、仕方ないのかな。
ライラはお父さん側についたってラストでOK?
私も「2」まで原作買ってあるので読まなくっちゃなあ~。

Maya

これ、6歳と10歳の男の子に見せて面白いって思うかな??
日曜日に「見にいこうよー」と言ったら「やだ」とことわられました(
涙)。
「ワンピース」が見たいんだって。
それ、私が「やだ」!

  • 2008/03/03 (Mon) 13:05
  • REPLY

マクノスケ

>Mayaちゃん
子供はゲーム感覚で楽しめると思うし、
大人は宗教的にいろいろと考えるポイントもあるしで、
面白いとは思うんだけど、強烈にかと言えばまあまあかなあ。
子供には「ワンピース」の方が面白いと思うけど、
Mayaちゃんには「ライラ」の方を薦めておくよー。(笑)

ぐらみす

ご無沙汰で~す♪
って元気よさそうに書きましたが、実はかなりお疲れ気味・・・

ライラ観に行かれたんですね。
私も1日にライラを観に行こうかと思ったのですが、主人にあえなくキョヒられて困っていたところにジャンパーの先行上映を知ったので、「これは?」と聞いたらOKが出たので、そっちに行っちゃいましたよ。
ライラはDVDを待ちます。

リヴリーのお雛バージョン、カワイイですね♪

マクノスケ

>ぐらみすさん
コメントしようと思ったら、ちょっとした事件が起こって出来なくてごめんなさい!!
明日また伺います!!!
「ジャンパー」は見たら、その記事にコメントしますねー!!
「ライラ」は、一見お子様向けだけど、3作全部通すと
かなり宗教的かつ哲学的な話になるみたいです。
その振りは、1作目にもあるんだけど、ちょっとはっきりしないような感じ・・・。
ひな祭り。リヴに飾ったのにリアルではすっかり忘れていました。

umiko

これを見たいって娘にせがまれてるんだけど
みなさんの意見を参考にしますね。

  • 2008/03/04 (Tue) 09:30
  • REPLY

ちーさん

小学生でも

うちの子供は小学5年。
映画「ライラの冒険」はとっても面白かったって言ってましたよ。
うちの子は児童文学ものが好きでいろいろ読んでるんですが、ナルニア国シリーズよりも
原作「黄金の羅針盤」の方が興奮したみたいです(笑)。
あっというまに読み終えて、原作は映画より「ワクワクして興奮する!」って教えてくれました。
宗教的背景や哲学的考察はハリポタも含め、あると思うけど子どもはそれを意識しないし、
そんなものを考えなくても問題なく映画を楽しみますよ。
(そもそもキリスト教の問題は仏教以上に複雑でわたしには理解できないし)
子どもの頭はやわらかくて何でも楽しめます。
だって来週、映画の「ケロロ軍曹」を見るのも同じくらいに楽しみにしてる(笑)。

マクノスケ

>ちーさん
ちょうどパソコンの前にいたらちーさんのコメントが!!
そうそう!
私も大人は宗教学哲学的に子供はゲーム感覚で冒険を楽しめるって
ついもりでコメント書いたんだけど伝わらなかったかな。
「指輪物語」の興奮にくらべるとまあまあになってしまうんだけど、
「ナルニア」よりは楽しめたかな。
「ライラ」は続編の「神秘の探検」と「琥珀の望遠鏡」でガラリと展開が
変わり神や天使などへの反乱がテーマとなっているそうなので、
これはほんの序章といった感じだよねえ。
今回のニコール・キッドマンがやろうとしていた子供とダイモンを
引き離す行為は、言わば大人の洗脳。
悪に染まらない=大人にならないうちに、若く柔軟な心の目を
摘んでしまおうとする組織の力が働いていたという展開が、
次回どういう展開を見せるか楽しみー。

>うーさん
…と言うわけで、中学高校生だったら、余計に燃えるかも!

ちーさん

ごめん ごめん 
わたしのコメントはMayaさんとumikoさんにむけていました;;
マクノスケさんの言わんとすることは最初からしっかり伝わってますよん♪
「指輪物語」はさ、意味良くわかんなかったであろう当時小1くらいだった子どもも
飽きずにしっかり観ていたよ。
すごいよね。パワーあんね「指輪物語」。
ただ、原作はまだ読ませてないのだ。
なんか文章読みづらかったんだもん。
アラゴルン、「馳夫さん」だし。
それも含めてか読み始めに時間がかかりました(笑)。
ところでライラの二コールキッドマンの声が好きでした。
吹き替えの方はどうだったんだろうね~?
やっぱりなあ、字幕だな~。

マクノスケ

>ちーさん
きゃー!!私こそごめん!!
読解力不足で嫌な思いさせちゃってすまないー!!
(読解力は「どっかいりょく」って読むのね。ずっと「どくかいりょく」だと思ってた!)
「指輪」は翻訳が子供向けになってるから、わかりやすいって
言えばわかりすいけど、馳夫さんとストライダーでは
全然雰囲気変わっちゃうよねえ。(笑)
特に「旅の仲間」は、最初の30ページが世界観の説明で
キャラが出てこないからしんどかったよねえ。
ニコール・キッドマンの声って普通に喋っていても囁くような感じで心地よい。
今の旦那さんもあの声で「好き!」なんて
言われてるのかと思うといいなーって思っちゃう。
吹き替えは山口智子なんだっけ?
似てるって言えば似てるけど、演技の方はどうだったんだろうねえ?