SF西遊記スタージンガー

銀河系の中心まで3万光年

2 0
sutazin20080227-03.jpg

まだまだオフ会の興奮が続いております。
本日、「スタージンガー」の掲示板と更新情報のページを
インランフレームに変更。
自サイトの中でそれぞれのページを開けるようにしてみました。
ついでに他のページがどう見えるかみてみたんですが、
開設当初作ったページはHTMLも
めちゃくちゃでデザインも色も全然統一されていなくて、
もう、なんとかならないのーって感じ!
時間をみつけて、ちまちま直していくつもりです。


ところで「メインキャラの紹介」コーナーのクーゴの紹介を
改めて読んでみてビックリ!!
「スペースワープのキントフィールド航法によって、
時速10万8千光年のスピードで飛行出来る」
って!
スタージンガーは地球から銀河系の中心にある大王星という星まで
旅をするという話だからこのスピードで行くと10万光年ある銀河系の
端から端まで1時間で行けちゃうって事だったのねー。

あれ?でも、たしか新番組のお知らせでは・・・
「 宇宙の平和を取り戻すため、オーロラ姫が
クィーンコスモス号に乗って10万8千光年の彼方へ出発した。
そのオーロラ姫を守るのが俺なんだ。
宇宙の悪い奴らを叩きのめす俺の力を見てくれ!
次回新番組SF西遊記スタージンガー「飛べ!オーロラ姫」見てくれよ!」

って言ってるんですよ。

お、おやー????10万8千光年の旅???
でも第1話では、キティ博士がオーロラ姫に
「銀河系宇宙の直径はおよそ約10万光年。」
…と言っているので、この予告は間違いだったって
事になるんでしょうかねえ。(^^;)
直径が10万光年だとすると、ここは現実に則していますから、
地球から銀河の中心までは3万光年。
番組進行とほぼ同じに時間が経過していったはずなので、
(クリスマスや8ヶ月経ったというセリフなどで判ります。)
オーロラ姫たちは、1年3ヶ月掛けて3万光年旅をしたって
事になるんじゃないかと予測してみました。
わかりやすいようにWEBで公開されている壁紙を使って画像作ってみました。
クリックで拡大します。



Comments 2

There are no comments yet.

いなりん

10万8千光年

この数字でピンとくるのが、光が1時間に進む距離。
1光年は、光が1年かけて進む距離(光の速度は真空中では、30万km/秒)というのはご存知かと思います。
その距離、実に9兆4608億km/年。

では、1時間ではどれだけ進むのか。
その数字が、実は10億8千万kmなのです。
書き方を変えれば、時速10億8千万km
言うまでも無く、このスピードでは3万光年進むために、3万年必要になります。(笑

多分ですが、深く考えずに光の進む時速距離を引用し、書き間違えたか、kmを後年に置き換えたのではないでしょうか?
「銀河の直径が10光年」は、流石にありえないので。

なんというか、時速10億8千万光年=(9兆4608億×10億8千万)km/時は、夢を超えて、さすがにやり過ぎかと。

マクノスケ

>いなりんさん
わー!すみません!!
10光年じゃなくて10万光年の間違いでした!!
1時間に光が10億8千万km進むんですか!知らなかった!!
そうですね。それを単に引用した可能性大ですね。(涙)
時速10億8千万光年なんですが、スタージンガーの世界だと、
クーゴが旅先から愛機スタークローのクローベルトという機能を使って、
あっという間に地球に帰っちゃったりするので、
そういう世界観のアニメだったのねえと改めて思った次第です。