テレビ

浦沢直樹

3 0
blog-20180320-12.jpgNHK総合で10時から放映のプロフェッショナル・仕事の流儀「心のままに、荒野を行け~漫画家・浦沢直樹~」を見ました。どうやら同い年…1学年上かな。影響を受けたボブ・ディランの事。漫画の合間にライブハウスで唄を唄っている事。ブレインである原作者との打ち合わせに自らお茶を出している姿など、なかなか魅力的に取材されていました。

作品もいくつか紹介していたんですけど、なぜに「MASTERキートン」は、抜かされてしまったんでしょうねえ。私は原作も読んでいないし、アニメも見ていないので、よくわからないんですが、浦沢直樹と聞けば「YAWARA!」「MONSTER」「20世紀少年」「PLUTO」の列に「MASTERキートン」が入ってもいいと思うんですけど…。なにか不都合でもあったのかしら?

結局「MONSTER」と「PLUTO」の1巻しか読んでいない私ですが、これを見て「20世紀少年」に興味が沸いて来ました。タイトルの「20世紀少年」はT・レックスの「20th Century Boy」から来てるんですね!マクタロウが、たまに聞いているので知っていて、ふたりで「おぉ!」と言ってしまいました。

 ←ポチッと押してね!

Comments 3

There are no comments yet.

まっぴら

ども。まっぴらです。
>不都合
あの作品はアンタッチャブルなんです。
確か原作者(もう故人だったかな?)との権利上のトラブルだと聞き及んでいますが...。
出版元も困り果てて、版もまったく増刷されていません。ですから(名のある作品ゆえに)古本界隈ではヴェリ・レアとか、かなり貴重の範疇に入るんだとか?
ボク的には「パイナップルARMY」なんて非常に懐かしんですが、浦沢初期作品は原作者が絡んでくるので、あまり取り上げられませんねえ...。

Helva

いやいや! わたしも後半見てました。
それで同じ事考えてました。どしてキートンが出てこないのよって。
そりゃYAWARA!もP-ARMYも好きだけど、何と言ってもキートン先生でしょう!
最近のPLUTOも20世紀も興味は少しあるけど。。。
そうしたら、そう言うわけだったんですか。知らなかったです。
うちに全巻ありまっせ。特に最後のあの見開き1ページを読みたいがために延々と読み返すことがたまにあります。
あれ、よかった、本当に。

マクノスケ

>まっぴらさん
どうも!日曜にお返事するつもりが、夜寝込みまして、遅くなりました。ごめんね!
「MASTERキートン」には、そのような複雑な事情があったんですね。
現在も名前が前に出ていないだけで、ブレーンは存在しているようなので、
半ば原作があるんだな~なんて思いながら見ていました。
今は、その方とは、上手くやっているんでしょうね。
>Helvaさん
日曜にお返事するつもりが、夜寝込みまして、遅くなりました。
でも、やっぱり、Helvaさんも同じように思っていたんですね。
最後の見開き…「MONSTER」同様、ラストになんかあるんですね!
ちょっとそそられるなあ~。