映画

鉄コン筋クリート

2 0
20070108-001.jpg

マクノスケ

松本大洋原作コミックを
「MIND GAME マインド・ゲーム」のスタジオ4℃がアニメ映画化。
監督は「アニマトリックス」のプロデューサー、マイケル・アリアス。

予告を見て、ちょっと面白そうだという話になり、
本日沼津のシネマサンシャインで見てきました。
思っていた以上に人が入っていてびっくり。
客層はポップ系のヤングでナウな若者と一般人って感じで
あまり「おたく」っぽい人はいなかったですね。(笑)

で、絵とかね。動き、CGに取り込んだ背景など、ここまで来たのかー
というくらい凄いんですけど、とにかく最後の方の展開が重い!
正月からこの展開かーって言うくらい「2001年」入っちゃってます。
ま、哲学的な展開と言いますか、わかるんですけど、
もっと軽いノリだと思っていたから、やたら重くて、
体調もそんなに良くなかったもんですから、見終わったあと、
ぐったりしてしまいました。

うーん。あとは私が年って事ですかね。
この架空の街「宝町」では、大人も子供も同じ人として
自分の縄張りを守る為に闘っている。
その為に主人公の少年クロとシロは、かっぱらいやら
暴力やら好き放題にやっている。
最後にクロが自分の中にある「悪」と対峙するわけですが、
私の目から見れば、それ以前にもずっと「悪」だったわけで、
そんなふたりの設定が、どこか気持ちよくないんですよね。
子供は清い存在だけでいろ…と言うわけではないんですが、
度合いが、ちょっと行っちゃってるような気がしてなんだかのれませんでした…。
でもヤクザの鈴木(田中泯)とか不感症の沢田刑事(宮藤官九郎)とか良かったかな。
沢田がシロを抱きしめるシーンではじわっとなっちゃいました。

声優はシロ役の蒼井優が上手かった!!
帰ってきてから、マクタロウとどっちがどっちかな?
って話になって、マクタロウに俺が「クロ」で私が「シロ」だなんて言われましたけど、
それって私が壊れているって事でしょうか…。オーマイガーッ!!

マクタロウ

予告を見て不思議な疾走感を感じ楽しみにしていたのだが、
内容はハードなもので、ちょっと疲れました。

画に関しては好みもあるだろうが(私はメビウスっぽくて良いと思った)、
技術はとにかく素晴らしい。
3Dアニメばかりがもてはやされる昨今だが、
私としては本作のような2D+3Dぐらいがしっくりくる。

これで内容が好みに合っていれば絶賛となるところだが、
今ひとつ乗り切れなかった。
これは主人公達に感情移入できなかったというのが最大の原因だと思う。
私が年なのか頭が固いのか、暴力により生活を成り立たせている
クロとシロには共感できなかったというところかな。
どちらかと言えば脇役の刑事やヤクザの方は、
よくある設定と展開で分かりやすくて良かった。
声の出演は皆さん見事でした。
二宮君は「硫黄島からの手紙」といい芸達者だね。

鉄コン筋クリート(2006)
メディア 映画 Anime
上映時間 111分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月 2006/12/23
ジャンル アドベンチャー/アクション/ドラマ
ソコカラ、ナニガ、ミエル?
監督:マイケル・アリアス
アニメーション製作: STUDIO4℃
動画監督:梶谷睦子
演出:安藤裕章
エグゼクティブプロデューサー:北川直樹 椎名保
亀井修 田中栄子
プロデューサー:田中栄子 鎌形英一
豊島雅郎 植田文郎
原作:松本大洋『鉄コン筋クリート』
脚本:アンソニー・ワイントラーブ
キャラクターデザイン:西見祥示郎
総作画監督:西見祥示郎
作画監督:久保まさひこ 浦谷千恵
CGI監督:坂本拓馬
美術監督:木村真二
デザイン:久保まさひこ
(車輌デザイン)
色彩設計:伊東美由樹
編集:武宮むつみ
音楽:Plaid
主題歌: ASIAN KUNG-FU GENERATION『或る街の群青』
サウンドデザイン:ミッチ・オシアス

声の出演:二宮和也 クロ
蒼井優 シロ
伊勢谷友介 木村
宮藤官九郎 沢田
大森南朋 チョコラ
岡田義徳 バニラ
森三中 小僧
納谷六朗 じっちゃ
西村知道 藤村
麦人 組長
田中泯 ネズミ(鈴木)
本木雅弘 蛇


 ←ポチッと押してね!

Comments 2

There are no comments yet.

おーじろー

「てっきん」だか「てっこん」だか、読みにくいタイトルですよね・・・
ちなみにまだ観てません。
予告を見る限りはそんなに観たい気はしなかったのですが、今は観たいです。
というのも、結構人が入ってるらしいのですよ。
マクノスケさんの記事でもそうだし、それなりに口コミかな?
人が入ってるって事は、期待します。
蒼井優は凄い女優になりそうです!
この声なんて(予告の感じでは)、普段と全然違う声の出し方してるっぽい。
近いうちに観たいと思います~

マクノスケ

>おーじろーさん
このタイトルの響きが、宝町というどこか不思議な空間を象徴しているような気がします。
お話の方は、ちょっと重いので、こういうテーマ性のある作品が好きな方にはお薦めですが、ポップな軽いノリを期待して行くと、ちょっと重くて疲れてしまうかも。
蒼井優ももちろん、シロというキャラが摩訶不思議な存在で好感触でした!