ドクター・フー

ドクター・フー#11

0 0


今週も良かったー!ドクターLOVEだわー!
ハンサムじゃなくても耳が大きくても私は好きよー。
ジャックも最初は良いと思っていたけど、すっかり当初の魅力が失せてしまいました。
今回は4~5話で登場したスリージーンの生き残りマーガレットがカーディフという街で市長さんをしていたところへドクターたちがやって来るというお話。
改心したと見せておいて毒薬や毒矢、毒ガスでドクターを脅かすものの意に介さない
ドクター!!ス・テ・キーーーっ!!
マーガレット(本名が長くて憶えられない!)にドクターがやって来た行いをいろいろと指摘される場面にドキっとしたりしましたが、最後、ターディスが未知のパワーで彼女を卵に戻しちゃったのにはビックリ!!
リッキーミッキーとローズの関係も微妙だなあ~。
ミッキーの言ってる事って正論だしねえ。
パシリにならない事を祈ってマス!!(たぶんならないだろうけど…。)

で、ちょいと向こうのサイトで放映リストを見てみたら…!!!
9thドクターの出番って!!!
えぇーーーーーーっ!!
もっと出るかと思っていたのにぃーーー!!(涙)

…って、ことで自分への慰めに「YouTUbe」でみつけた「Doctor Who Series 1 Boxset Easter Egg」の動画貼っちゃう!
ドクターの本当の声って!!!
全然山路 和弘さん(ウルヴァリンの吹き替えもやってるのー!)とは違うんですね。
当然だけど敢えて書かせて!
普通デス!全然ドクターじゃないんデスよー!

第11話「悲しきスリジーン」 BOOM TOWN
イギリスのウェールズ地方カーディフでは、新市長のもとで原子力発電所の建設計画が進んでいた。新市長の正体はほかでもない、ドクターが退治したはずのスリジーン、マーガレットだった。
ひとりだけ攻撃を逃れていたマーガレットは、ある目的を達成するために原発を大爆発させようと企んでいた。
そのころ、ドクターたちもカーディフにいた。時空間の裂け目の跡からターディスに燃料補給するためだ。満タンになるまでの残り一日、ミッキーを加えたドクターたち4人は、しばしのホリデー気分を楽しむことに。ところが、みんなでくつろいでいたレストランで、ほかの客が持っていた新聞がドクターの目に飛び込んでくる。そこには、新市長マーガレットの写真が載っていた!


 ←ポチッと押してね!

Comments 0

There are no comments yet.