マクノスケblog

スター・ウォーズ、映画、ドール大好きおたく主婦の日記。

TOP >  映画・テレビ >  映画 >  DVD:黒い蠍

DVD:黒い蠍

blog-20180315-76.jpg

今日はマクタロウの友人S原さんが、マクタロウの誕生日プレゼントのDVD(「ファンダンゴ」と「黒い蠍」)を渡しに来てくれました。夕方ちょっと出掛けて、夜、「黒い蠍」を見たのですが、これがですねー。

1957年製作ってこともあるんですけど、出たなー!B級映画ーぁってノリでしてね。いろいろツッコミどころはあるんですけど、特撮好き、怪獣好きには大いにはたまらない手作り感溢れるノリでして、ワクワクしながら見ましたですよー。

メキシコの火山の爆発で大昔に岩の間に閉じこめられていた大蠍が目覚め、人々を襲うパニック映画なんですが、途中、主人公の地質学者と大牧場を経営する美人お姉様のラブシーンなども入ったりして、当時のお色気路線の一片も伺えるところがグー!

肝心の特撮はオリジナルの「キングコング」の特撮を担当したウィリス・H・オブライエン(他にも「猿人・ジョー・ヤング」の特撮や「恐竜グアンジ」の原案(←両方とも未見)を担当)が根性あるところを見せています。数匹の蠍が画面で同時に這い回るシーンなど、1コマ1コマ動かしながら撮っているのですから、そのアニメーションの技術たるや脱帽ものです。電線工事のお兄ちゃんが襲われるシーンや電車から逃げる人を尾で捕まえて、仲間の蠍と取り合いをするシーンなど、熱くなって見ました。

最期にスタジアムに車で肉を運んで蠍をおびき出すシーンがあるんですが、これって平成「ガメラ1」で福岡ドームにギャオスをおびき出すシーンの元ネタ!!これがそうだったのかーとマクタロウとうんうん頷きながら見ていましたが、その後、蠍を殺すために電圧仕掛けになっている矢の先を、うっかり触って死んでしまう軍隊のおじさんに爆笑!!

しかしねー。地下の蠍、ミミズ、蜘蛛、(当然どれも巨大化している!)のオンパレードには、製作者の趣味を感じましたね~。やっぱり、やるならこれくらいやらないとダメでしょうねー。(爆笑)

関連記事
    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    
[Tag] * 映画

Last Modified : 2018-03-15

Comments







非公開コメント

そそられる!!!
B級ホラー大好きなのでwww
2006-04-25-06:24 つばさ
[ 返信 * 編集 ]

もうB級を超えてるかもー!(笑)
特に蠍のアップ…当時のちゃちな感じと特撮の人が一生懸命動かそうとしている努力のあとが伺えてナイスです!!
2006-04-25-11:38 マクノスケ
[ 返信 * 編集 ]