漫画

太陽の黙示録 11

0 0
blog-20180315-66.jpg南北に分かれ、二つの国家になった日本を牛耳り、王になろうとしている男・董藤と地下組織ながら主人公・弦一郎を支援し、国民の為の復興を願う人々の人間模様が今回も丁寧に綴られています。北の軍部の頭となる自衛官の勝呂と地下組織のリーダー公文の展開、また南の艦隊司令官賀来、宗教家・十六夜の運命など今後の展開が楽しみです。

しかし今回も董藤の腹心の部下だった立花を弦一郎が撃とうとするシーンに泣けた~。人の事を思い、自分の感情に流されないこの主人公の魅力は、ここにありますね。

どうも昨日から今日に掛けて、だるいというか…イマイチの体調で、グッタリしています。なんかすっきりするような良い事ないですかねえ。天気もこんなで、それだけで気が滅入ってしまいます。早く晴れてくれないかなあ。

 ←ポチッと押してね!

Comments 0

There are no comments yet.