漫画

夢の木の下で

0 0
blog-20180315-59.jpg

バービーのパソコンディスク(「 Fashion Fever Room スモール・ファニチャー スタディスペース 」)といっしょにamazonから到着した諸星大二郎先生の「夢の木の下で」を読みました。実はその前に新刊の「トゥルーデおばさん」を読んだのですが、これがいつもにくらべて少々毒気が足りなかったので、この本に収められている「夢の木の下で」を含む「遠い国から」の5編のシリーズや「鰯の埋葬」を読んで満足しました。特に「カオカオ様」のデザインが斬新で、モロ先生の無限の想像力を堪能!

実はこの本に収められている「壁男」が現在映画制作中なので、 興味があって読んだのですが、映画は設定を少し変えているようですね。やはり恋愛中心なんでしょうか?(主人公の写真家は堺雅人、恋人のレポーター役は小野真弓)単なるホラーではないモロ先生独自のどこか儚くて、泥臭い感じも出ていると嬉しいんですが…。

 ←ポチッと押してね!

Comments 0

There are no comments yet.