美容

肝斑(かんぱん)

2 0
えーと、美容ネタ…初めてのエントリーです。(笑)

化粧やおしゃれにはとんと縁のない私ですが、2年くらい前から目の下にかなり大きなシミが左右に出来て、困っていたのです。最近はファンデーションでカバーするのもだんだんむずかしくなって来ました。

年やリウマチで飲んでいる薬のせい…とあきらめていたのですが、先日美容院へ行った時に読んだ女性週刊誌に「女性ホルモンのバランスが崩れて出来る肝斑」というシミがあるのを知り、昨日、リウマチで通っている病院の皮膚科で先生に聞いてみました。その時ネットで調べた飲み薬や塗り薬のメモを見せたところ、やはり肝斑だそうで、飲み薬は出せるけど塗り薬はないんだそう。その先生が行っている別の病院にはあると言うことで、本日行ってきました。(近くの総合病院だったので良かったー!)

飲み薬は色素沈着を改善する作用があるビタミン剤としてシナール錠200とメラニンの産生を抑制するトランサミン錠250mgを朝昼夕、各1錠飲むことになりました。

塗り薬の方はハイドロキノンレチノインの組み合わせがベストなんだそうですが、レチノインはこのへんでは処方してくれる薬局がないそうで、仕方なくハイドロキノンだけ出して貰うことにしました。このクリームは10gで千円で保険の対象外なんだそうですが、ホワイトニングの化粧品を買うことを思えば安いもんです。(それだけ悩みは大きい!)

成果は半年くらい先になりそうですが、どうなることか…。
少しは効くと良いんですけど…。
 ←ポチッと押してね!

Comments 2

There are no comments yet.

さまタマ

へええ、そんな名前があるという知識もありませんでした。
でも化粧品でお金を使うよりはかなり有意義、結果が出たら教えてほしいです。
テレビで「禿げも病院へ」というCMも見るようになりましたし、美容業界のアヤシゲな戦略で大金をはたく時代も、そろそろ終わってほしいものですね。

マクノスケ

私もその週刊誌で初めて知りました。
化粧品も試してみようかな~と思っていたのですが、とにかく高くて、いろいろ考えていた矢先だったので、ラッキーでした。
おまけにネットでたくさんの情報をキャッチ出来たので、病院で飲み薬や塗り薬を書いたメモを先生にみせたところ、即、処方をして貰えたという経緯もあり、ネットの有り難さをしみじみ思った次第です。
不確かな情報で美容業界の戸を叩かなくて本当に良かったと思っています。結果はまたこのブログでご報告しますねー!