映画

サマータイムマシン・ブルース

2 1
blog-20180315-35.jpg

amazonから届いた「サマータイムマシン・ブルース」を夕飯のあと見ました。
いや~やっぱり面白い!ストーリーもひねりが効いていて、何と言ってもセリフの受け答えが絶妙。このノリって元々が舞台だったからなんでしょうね。でも舞台のあざとさがなく自然な演技で撮れているところがこの映画の良さなんじゃないかと思います。

今回は冒頭の野球のシーンで明日からやって来るSF研の姿をチェックするべく目を皿のようにして画面の隅々まで気を配って見ていましたが、部室がピカっと光ったり、入り口の曽我くんの姿を確認出来て満足!
お風呂での騒動や昨日に行ったSF研のメンバーのハチャメチャ振り、曽我くんの狼狽する姿やかっぱさままでのいきさつなど余裕で楽しめてDVDの有り難さをつくづく感じました。

頭の中でリモコンの行方を図式にして考えてみたんですけど、なんだか頭の中がぐちゃぐちゃになってしまってよくわからん!30年後のクリスマスにリモコンを撮りに行く田村くんを田村くんを含めたSF研のみんなが待っているのって「ビルとテッド」の図式かーっ…などとマクタロウと爆笑しまくり、今更ながら「あぁ、冬だからクーラーいらないんだー」と思ってみたり。(…と言うように、おい!おい!今頃何気付いてるんだーって事がいっぱいありました。)

やっぱり好きなキャラは曽我くんと田村くんかなあ。


 ←ポチッと押してね!

Comments 2

There are no comments yet.

ちーさん

マクノスケさんマクタロウさんのお薦め映画だよね。見てみたくなったよ~。

マクノスケ

風邪ひいちゃったみたいで返事遅くなってゴメン!とにかくキャラが面白いので機会があったら見てみてー。通常版はamazonなら2363円と割と手頃なお値段よー。