映画

アサルト13 要塞警察

6 1
20060219-001.jpg

【マクノスケ】
カーペンター先生(好きなんですよー!)のデビュー作「要塞警察」(←未見ですが…)のリメイク。謎の集団に襲撃された警察署で、警官と犯罪者たちが協力し合い、必死に抵抗する姿をフランスの新鋭ジャン=フランソワ・リシェ監督がじっくり描いているんですが、私の目的はジョン・レグイザモとガブリエル・バーンですよーぉ!

レグイザモ、気になる俳優さんの一人なんです。もうちょい役でも萌えですよ。「エンド・オブ・デイズ」とか「ムーラン・ルージュ」とか「エグゼクティブ・デシジョン」とかね。小さい役の方が萌えるんですが、今回はヘアースタイルもおしゃれで、さらに萌え度120%!もう最初から、絶対死ぬよってキャラで(笑)どうやって死ぬのかとワクワクしていたんですが、やっぱり死にっぷりも素晴らしい!思った以上に出番があって良かったデス。マクタロウ曰く「これってスティーブ・ブシェミがやる役なんじゃないか?」って、それ!当たっています!思わず「アイランド」思い出しました!

で、ガブリエル・バーンは顔が好きなんですが、うーん。これもねえ。ある意味キャステイングで正体バレバレって言うか話の筋が読めちゃうところが残念と言えば残念なんですが、それはまあ良いとして、これもマクタロウの弁なんですが「この役、最近アルパチーノがやる役と被ってない?」あ…、当たってる!!って言うかガブリエル・バーンがやっている役も最近、こんなのばっかりのような…。それを言うと主役のイーサン・ホークがどーもトム・クルーズとダブる困ったちゃんの私なんですが、映画の冒頭から、なかなか良い演技をみせてくれてサンクスって感じでした。あとはマクタロウと同い年のローレンス・フィッシュバーンも濃い演技で、この映画、俳優を見るだけでもお腹いっぱいになっちゃう面白さ。

いや~久しぶりにノリノリで楽しめた1本でしたが、てっきり「アサルト13」っていう要塞のような警察が舞台のお話だと思っていたら、原題が「Assault on Precinct 13」。「13分署の接近[白兵]戦」って意味らしいじゃないですか。それだったら「要塞警察・13分署」とか「新・要塞警察」で良かったんじゃないですかねえ。


【マクタロウ】
オリジナル(ジョン・カーペンター監督作)を観たのは何年前のことだろう?テレビで1度観たきりなので細かいことは覚えていないですけど・・・。
最近のアクション映画の中では、上出来の方ではないかと思う。
主演のイーサン・ホークをはじめローレンス・フィッシュバーン、ブライアン・デネヒー、ガブリエル・バーン(制作費があればアル・パチーノがやりそうな役)、ジョン・レグイザモ(スティーヴ・ブシェミがやりそうな役)など曲者を集めた配役が良い。
それぞれのキャラクターも(それなりに)描いているので、作品世界に入り込みやすいのも良かった。
しかし、悪役をストリート・ギャングから汚職警官に替えたことで、最新の装備を使った派手なアクションが可能になったことと引き替えに、説得力は無くなってしまった。
ヘリコプターまで出動しているのだから、警察の内部で「何か事件が起きているのか?」と気づく人もいるのでは?
最後の脱出口である下水道も、それまで「忙しくて、忘れていた」ですませていいのか?この辺りの「脚本の弱さ」が無ければ、もっとスッキリと観ることが出来たのではないかと思う。


■脱出劇アクションの頂点、遂に誕生!!!
[監]ジャン=フランソワ・リシェ
[製][脚]ジェームズ・デモナコ
[出]イーサン・ホーク ローレンス・フィッシュバーン ジョン・レグイザモ ガブリエル・バーン
[制作データ] 2005米/角川ヘラルド
[上映時間] 110分



 ←ポチッと押してね!

Comments 6

There are no comments yet.

まっぴら

これ観たぁ~いっつ!
いやつい取り乱してしまいました。旧作の大大大ファンだったので(笑)、レグイザモ共々是非観たいと首を長ぁーくして待っていたまっぴらでございます。m(_"_)m
この休み、役員仕事で出かけていたので、「来週の日曜に観に行きゃいいや」って思っていたら、ウチの近所のMOVIXでは24日(金)で上映終わりみたいで、正直ガク!って感じです。どっかでやってないかなあと焦って調べまくっています。とほほ...。

マクノスケ

面白かったですよー。そりゃあ抜群とは言えませんが、こういうノリが好きなので大いに楽しんで帰ってきました!レイグイザモもバッチシなんで出来たら、まっぴらさんにもぜひ見て頂いてお互いにいろいろと感想など語りたいところなんですが、どうも24日が最終日のようですね。埼玉、東京、神奈川とネットで調べてみましたがダメでした。東京で2番館辺りでやらないですかねー。

まっぴら

わざわざ調べて戴き、ありがとうございました。
レグイザモも芸達者で昨今ご贔屓なんですが、久々にブライアン・デネヒーの名前を見うけまして、まっくら魂に「ボッ!」と火が点いたのでした。随分歳くったんだろうなあ...。ちなみにまっぴらはジョン・リスゴーとかも結構好きです。(おっさん好き?)
平日お休みが取れないし、最終日レイトも行けそうにないので、レンタルやDVDが出るまで待つ事にしまする。う~っ!(泣)

マクノスケ

デネヒーもそりゃあ美味しい役でござんした。
あぁ、見られれば良かったのに…残念です。
ジョン・リスゴーも最近みなくなりましたが、(あ、今、調べたら昨年公開されたリーアム・ニーソンの「愛についてのキンゼイ・レポート」に出ていたみたいですね。)「ミッドナイト・クロス」の役とか強烈で好きだったなあ。「ガープの世界」のおかま役とか「ハリーとヘンダソン一家」のお父さんとかでも良い味だしてましたよねー。(おっさん好きです!)
DVD出たらぜひ見て感想アップして下さいね!その時にはかならずコメントにはせ参じますから。

まっぴら

観てまいりましたー!利用したMOVIXは上映時間と回数が変わったみたいですね。
既存の大物俳優の印象と“ダブりまくり”という感想を拝見しましたが、言い得て妙!(笑)
最近のカーペンターだったら、案外ホントに使っちゃうかも知れないですねぇ。もっともこの場合、エイドリアン・バーボーは出るのだろうか?(;^_^A
デネヒーも益々の好々爺ぶりでしたが、役柄的には「ああやっぱり!」という感じでした。
久々に楽しめた一本になりましたですぅ~。取り急ぎ、ご報告までに。m(_"_)m

マクノスケ

いや~まっぴらさん、見られて良かったですねー。
やっぱりこういう作品は見たい人が見ないとねー。
最初から見られる運命だったんですねー。
まっぴらさんの記事も読みましたが、オリジナルのストーリーや本作との対比なども詳細に書かれていて大変参考になりました。
どうもありがとう!まっぴらさん。
いや、しかし、展開的に、やはり、あれだけおおっぴらになってくると、周囲の人にどうやって説明するのかなとか指令命令の名目は何?…とか疑問に思ってしまうのと、最期の最期に突然、舞台が林に移るのには、いささか戸惑いを感じましたが、それでも全体的なノリとしては、各キャラの描き分けが巧みで、それぞれの駆け引きが非常に面白かったと思いますので、今年見た映画の中では、手応えがあった作品だと思います。
ところで音楽ですが、冒頭のバスのシーンで流れていた曲が、ちょっとカーペンターっぽくて「もしやオマージュ?」とも思ったんですけど、気のせいかなあ?

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • すっかり二日酔いの頭を引き摺りながら(?)ただいま公開上映中の映画「アサルト13 要塞警察 Assault on Precinct 13」を観に行ってまいりました。「あれ?県内唯一の上映館たるMOVIXでの公開は、確か先週の金曜日で終わったのではないの?」と問われそうですが、てかまっ

    2006.02.26 (Sun) 21:51 | まっぴら倶楽部録!