リウマチ

クギ抜きました!

4 0
今日、マクタロウとリウマチの病院へ行き、2年ちょっと前に左足首を固定する手術の時、骨を留めていた3本のくぎの1本を抜いて貰って来ました。
理由はクギが緩んで、皮膚の近いところに出てきた為で、普段はなんともないんですが、くるぶしを下にして押しつけると痛みを感じたからなんです。(たとえば、レントゲンを撮る時なんかがそうなんですが…)

先生の話では30分くらいで終わる、たとえば帰りも自分で車を運転して帰れる位の簡単な手術だというので、たいした事はないと思っていたら、ちゃんと手術室のベッドに横になって、心電図やら血圧計やらを取り付けるそれなりにちゃんとした手術でした。「冬のソナタ」のオルゴール版の曲が流れる中、まず、たわしで足をごしごし洗い、3回に渡って消毒した後、くるぶしの辺りにぶすっと部分麻酔の注射が打たれ(実はこれが1番痛かった!)、感覚がないのを確認されてから、メスが入ったようでした。足首をぐっと押さえられ、クギをねじるように抜かれた感覚はありました。その時、かかとがちょっと痛かったですが、すぐに縫合されて40分くらいで終わりました。

終了後、自分で手術台を降り、待合室で待っているマクタロウのところまで歩いて行きました。帰ってきてから、ズキズキ痛みはありましたが、洗濯と夕飯の仕度はいつもと変わらず出来たので、ひとまず安心しました。いや、しかし、抜いたクギを見せて貰ったんですが、軸に溝が切ってあってクギって言うよりネジだったですね。シルバーのピカピカしている立派なネジでした。
 ←ポチッと押してね!

Comments 4

There are no comments yet.

さまタマ

大変でしたね~でもさすが現代医療、足を切開して歩いて帰れるとは、すばらしい。
釘とかねじとかいうと、物々しい感じがしますが、人体に入れるものだから、ステンレスなのかな?
以前主人が鎖骨を骨折して添えに入れていた棒が(人体の拒否反応で?)飛び出てきたことがあったんですが、ごく普通のぴかぴかしたステンレス棒でした。
しかし、マクノスケさんは手術で消毒と麻酔をきちんとされたんですよね。皮膚を破って突き出した棒をまた押し込もうとした主人が怖い。感染症にならなくてよかった・・・

雪ダル

無事、終わって、よかったですね。
予後が、良いようでありますように。
>洗濯と夕飯の仕度はいつもと変わらず出来たので
それにしても、すごい!!
私なら、実際は、大丈夫でも、気分だけで、しなーーっとなりそうσ(^_^;)

ちーさん

>クギをねじるように抜かれた感覚はありました。
ひゃあ。
マクノスケさん、お疲れ様です。立派なネジさんも、ご苦労様でした。
足の痛みはだいぶ落ち着きましたか?
今日は天気もよさげだし、掃除や洗濯ごころが疼くかと思うけど、無理しないでお大事してね~。

マクノスケ

>さまタマさん
私もここまで痛くないとは思っていなかったので正直驚いています。(どちらかというと痛がりの方なので)
ネジはステンレスかなー。
たぶんご主人と同じ素材だと思います。
し、しかし、その棒を押し込もうとしていたご主人もスゴイ!!
昨日、1人の先生が足を消毒していて、手術台の上に防菌のマットを敷いてなかったもんだから、もう1人の先生がマットを敷くまで、ずっと足を持たれたままでした。
あまり先生に力を入れさせるのも悪いなあと思い、自分で力を入れて踏ん張っていたのですが、これが一番疲れちゃいました。
なので、ここまで菌には気を使うのか~と思った次第です。(私の場合、人工関節を入れているという事もあるとは思うんですが…)しかしご主人、感染症にならなくて良かったですねー。
>雪ダルさん
本当にほっとひと息、今も痛みはほとんどなくて安心しています。
明日、消毒に行ってきますが、予後が良いよう祈っていて下さい。
手術の前は本当にドキドキして、麻酔が効かなくて、痛かったらどうしよう…と心配していたんですが、痛くなくて本当に良かった!!
あまりにも痛くなかったので、いつも通り、家事をこなせる自分がなんだか不思議でした。
心配だった手術が無事済んで、嬉しかったのかも!