映画

SAYURI

2 2
20060108-001.jpg

【マクノスケ】
清水へ「SAYURI」を見に行って来ました。見る前から見どころはチャン・ツィイーと音楽のジョン先生だけと思っていたんですが、やはりおかしな日本描写の部分は微妙ですねえ。日本風のファンタジーと思いこみながら見る…というのも、ちょっと悲しかったりするのですが、しょせんはハリウッド映画、仕方ないのかもしれません。

まあ、ど根性芸者出世ものというより、そうですねえ。日本版「あしながおじさん」のラブストーリーって感じでしたかねえ。「キャンディ・キャンディ」で言えば渡辺謙が丘の上の王子様(その正体は!)で、役所広司がテリーって感じかな。
イライザやテリーがキャラが立っていたように、「SAYURI」でも役所広司やさゆりのライバルを演じたコン・リーの方が熱演していて見ていて面白かったですね。しかし工藤夕貴の役名の「おカボ」って英語だと「パンプキン」なのには驚いちゃいました!あーだから日本語訳が「おカボ」なのねえ…と妙に納得してしまったのですが「パンプキン」って名前はどうなのかなあ。
あと見どころと言えば、掲示板でgreenwolfさんに教えて貰ったテッド・レビンさんですかねー。「モンク」のストットルマイヤー警部のまんまなのにはある意味びっくり!出来れば彼だけは吹き替えで見たかった!(笑)

音楽のジョン先生はヨーヨー・マ(セブン・イヤーズ・イン・チベット)とイツァーク・パールマン(シンドラーのリスト)と再び組んで厚みのある鮮やかな曲調でなかなか手応えがありました。旋律はどちらかと言うと「セブン・イヤーズ・イン・チベット」のノリで、中国風のところもありましたが、それもハリウッドの日本のイメージかもしれませんね。


【マクタロウ】
日本の芸者を主人公に、ハリウッドが日本をどう描くかを注目していましたが・・・正直、キャスティングの時点で興味はあまり無くなっていました。
チャン・ツィイーはかわいくて好みの女優さんだけど、ここは日本人を主役にやってほしかった。
なんだかヘンテコな日本描写もあるが、こちらとしても芸者の世界に詳しいわけでもなく、そもそも自分が日本人だから気になる部分なので、ここでは映画の、作品としての感想のみを書こうと思う。

観る前は「芸者一代記」のようなものを想像していたのだが、これは「あしながおじさん」とか「小公女」のようなお話だったんですね。
子供の頃から苦労して、やがて想い続けていた人と結ばれるという。しかも、その人はひそかに支援してくれていたなんて、王道ですな。
問題は渡辺謙扮する会長さんが、あまり描かれないので「お互いに想い合っているのにうまくいかない」もどかしさが、感じられないところ。
さゆりはコン・リーねえさんやミシェル・ヨーねえさんに翻弄されるばかり。彼女が自分から行動したのが、延さん(役所広司)の気持ちを諦めさせるための策略(おカボの復讐でそれも失敗するが)ぐらいしかないのも、恋の成り行きを見ている観客としては面白くない。
制作者は「ジャパニーズゲイシャの世界を描いちゃる」という意気込みだったのかもしれないが、行き着く先が「あこがれだった会長さんと結ばれましたとさ。めでたしめでたし」なんだから、もっと恋愛おとぎ話にしてしまった方が素直に楽しめたのではないかと思う。

■絢爛 無垢 毅然
[監]ロブ・マーシャル
[原]アーサー・ゴールデン
[製]スティーブン・スピルバーグほか
[音]ジョン・ウィリアムズ
[出]チャン・ツィイー 渡辺謙 ミシェル・ヨー 役所広司 コン・リー
[制作データ] 2005米/ブエナ・ビスタ=松竹
[上映時間] 146分



 ←ポチッと押してね!

Comments 2

There are no comments yet.

SIGGY

どもー。
SAYURI、チャン・ツィイー見たさに私も劇場に行く予定です。
パンプキンはねえ、「マヌケ」とか「図体のでかい男」という意味のほかに、子供や恋人(女の子)に呼びかけるときの言葉でもあるんだよー。映画を見てると、たまに出てきます。だから、そんなに変な名前じゃないんじゃないかなあー。
辞書にも「口語:きみ, おまえ, 大事な人」と載ってます。

マクノスケ

チャン・ツィイー。決して悪くないんだけど、いつもの彼女の魅力が
100%出ていなかったような気もするのね。
奥ゆかしさが逆に仇になったような感じ。
「パンプキン」も愛称というより本名のように取れたので、他の人の名前がみんな日本名だった事や桃井かおりの役もわざわざ日本語で「おかあさん」と呼ばれていた事を考えるとなぜ彼女だけ「パンプキン」なのかな~と思っちゃってね。
愛称だったらOKなんだけど…。

Trackbacks 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  2005年12月12日『SAYURI』観賞レビュー!原題Memoirs of a Geisha絢爛 無垢 毅然2005年/アメリカ配給ブエナビスタインターナショナル(ジャパン)上映時間146min世界同時公開★オフィシャルサイト★映画『SAYURI』は1997年に出版されたアーサー・ゴールデン著”

    2006.01.10 (Tue) 21:05 | ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
  • 実はこの日は「男たちの大和」を観た後「SAYURI」を観ました。というのが、大和を観て泣き過ぎて外に出られなくて続けて「SAYURI」も観てしまったという・・・。偶然にもどちらも同じ時代のお話でした。チャン・ツィイーが出演していたというのと、京都のお話だったので映...

    2006.01.10 (Tue) 03:09 | うさうさ日記