映画

ALWAYS 三丁目の夕日

0 27
20051105-001.jpg

【マクノスケ】
マクタロウとマクタロウ母と3人で小田原まで見に行って来ました。
「ジュブナイル」「リターナー」とSF色の強かった山崎監督が「三丁目の夕日」を映画化すると驚いていたのが昨年の12月。確かに今回は、一部(笑)そのようなシーンもありますが、前編ノスタルジックな人情もので、これがかなりイケていて「第二の山田洋次監督ついに現る?」とも思ってしまった程でした。
舞台が昭和30年代ということもあり、山崎監督のVFXの才能は、この時代を違和感なく映画の背景として再現することに成功した事で新たな方向を見いだしたような気がします。それよりも、むしろこの映画のすばらしいところは、群像劇であるそれぞれのキャラクターのエピソードを、感動の押し売りではなく、自然に見せている点です。

ともすれば、臭くなりがちなお話を、嫌みなく、これほど心地よく見せる手腕は、山崎監督の才能なのでしょうか。「リターナー」の時にも、鈴木杏ちゃんがスパゲティを食べるシーンで思わず、ぐっと来てしまったのですが、今回は、あのシーンの連発で、いやはや、何回ボロっと来てしまった事か。中でも小雪と三浦友和のエピソードは、それぞれ深く印象に残りました。
キャラクターは、なんと言っても鈴木オートと六ちゃんでしょう!堤真一がどう見ても京極堂(姑獲鳥の夏)のまんまなんですけど(笑)それでも許せちゃう。ガラス戸のシーンから六ちゃんに謝るシーンまでは可笑しくて大笑いでした。
ラスト、未来に希望を描く一平くん(鈴木オートの息子)のセリフにジ~~~~ンと来て「なるほど~ALWAYS 三丁目の夕日ね~。」と涙のだめ押し。山崎監督、やってくれるなあ!

【マクタロウ】
やっぱり山崎貴監督とは相性が良いらしい。
デビュー作「ジュブナイル」から「リターナー」と時間物SFで来たので、「3作目が正念場かな」などと思っていた。
新作が「三丁目の夕日」と聞いた時は、正直「なんで?」と感じたが、考えてみれば「ジュブナイル」でも「リターナー」でも、素晴らしかったのは登場人物の感情を瑞々しく描いていた部分だ。
どちらかと言えばVFXやアクションばかりが話題になっていたが、「少年の淡い恋」「時間を超えてやってきた少女との交流」などの暖かい人物描写こそ山崎監督の持ち味だったのだ。
そこから考えれば「三丁目の夕日」の監督に山崎氏が選ばれたのは必然かもしれぬ。もちろん昭和33年を再現するVFXだって、その道出身の山崎監督ならば適任だろう。

物語は商店街に巻き起こる細かなエピソードを積み重ねることによって語られていく。
その一つ一つのエピソードがそれぞれに重なり合い、物語を増幅させている点が良い。
特に(脇役であるが)宅間医師の話は、最初こそ「狸にばかされたか?」という笑い話的なオチかと思わせておいて、実は・・・という切ないエピソードとなるのだが、この話があるから終盤、クリスマスのエピソードでの宅間医師が活きてくる。
役者では堤真一(鈴木オート、最高!!)、吉岡秀隆(のされっぷりが素晴らしい)はじめ堀北真希、薬師丸ひろ子、小雪(指輪のシーンは泣けた!!)、主役クラスから脇役まで皆のびのびとしていて気持ちよい。

キャッチコピーで煽っているほど「あのころは良かったね」という切り口の作品ではなく(作っている人達が「あのころ」の人ではないのだから、当然か)人と人とのふれあい、人情などを笑いと涙で綴った佳作だと思う。
ますます山崎監督の今後が楽しみになった。

■携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったんだろう。
[監][脚]山崎貴
[原]西岸良平
[美]上條安里
[出]吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 三浦友和 
もたいまさこ 薬師丸ひろ子 須賀健太 小清水一揮
[制作データ] 2005 東宝 [上映時間] 133分



    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Trackbacks 27

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 映画館での感動をもう一度…と思って「ALWAYS 三丁目の夕日」のDVDを借りて観ました。私が生まれるはるか昔の日本、なのにどこか懐かしいのはなぜでしょう?もう少し年代が上の方の方が評価が高いみたいですが、私の年代なりに楽しめたと思っています。個性が強く

    2006.08.22 (Tue) 22:32 | Tokyo Sea Side
  • 監督:山崎貴出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、薬師丸ひろ子、三浦友和評価:88点公式サイト(ネタバレあります)こだわり抜いた昭和33年の再現。そのリアルさが見る人に大きな郷愁と感動を呼び起こしているのだろう....

    2006.06.22 (Thu) 02:38 | デコ親父はいつも減量中
  • ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ ほか? 毎日、雨続き。 梅雨ですかね? うっとうしいなぁ・・・。 なんとかならんですかね。 今週末に広島出張を控え、バタバタです。 ? さて、やっと観

    2006.06.16 (Fri) 22:40 | 東京ミュービー日記
  • はい、こんにちは。これは、評判通りのいい映画でしたあ。原作は漫画なんですね。この舞台となった昭和33年より、だーいぶあと(ホントは少しだけ、あと)で生まれてますが、こんなよーなかんじですよね。こうゆうふうに再現できるのですねー。それ....

    2006.06.12 (Mon) 17:08 | 雪華と、うふふ
  • 製作年度 2005年 製作国 日本 上映時間 133分 監督 山崎貴 原作 西岸良平 脚本 山崎貴 、古沢良太 音楽 佐藤直紀 出演 吉岡秀隆 、堤真一 、小雪 、堀北真希 、三浦友和 (allcinema ONLINE) 解説

    2006.06.09 (Fri) 20:29 | タクシードライバー耕作のDVD映画日誌
  • 最近映画館で号泣した邦画「ALWAYS三丁目の夕日」。コミックでも読んでいましたが、また一味違った設定で、古きよき時代を存分に感じさせてくれました。そういえば私が生まれ育ったのもこんな下町でした。物語は、六子が田舎から集団就職のために上京してくるところから始ま

    2006.06.04 (Sun) 19:10 | 文学な?ブログ
  • 昭和33年の東京。高度経済成長の真っ只中、東京タワーが完成するこの年に東京夕日町三丁目に青森から集団就職で六子(堀北真希)が鈴木オートにやってきた。短気だが家族思いの父・鈴木則文(堤真一)、優しさで皆を包み込む母・トモエ(薬師丸ひろ子)、やんちゃ坊主の長男.

    2006.01.05 (Thu) 21:48 | musi-k ~ムジーク
  • 氷屋の親父の悲しそうな表情ったら・・・。冷蔵庫を購入した鈴木家に捨てられた粗大ゴミを眺める氷屋の親父の姿・・・。ああいうの、弱いなぁ~ということで・・・。高評価されている邦画なので、期待が高過ぎたのか物語の始まりは退屈で正直「はずしたか・・」と思....

    2005.12.18 (Sun) 01:44 | 雑板屋
  •  小学館 ビックコミック、1975年~2004年までの49冊、2000年~2004年53冊と長期に渡って圧倒的な人気を得てきた西岸良平の原作マンガを映像化した映画だそうです。高校生以降、コミック系の単行本や、雑誌を買って読んだ記憶がありませんが、彼の

    2005.12.12 (Mon) 10:35 | 日々好日
  • ALWAYS 三丁目の夕日泣いた、、、ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。SFXとは、こういう使い方をするんだぁ!年代は...

    2005.12.10 (Sat) 04:38 | 猫姫じゃ
  • 携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他■日本産 133分最近映画館で邦画ばかり観ている今日この頃。実はこの映画まったく観る予定じゃなかったんです

    2005.12.03 (Sat) 22:44 | ひるめし。
  • 泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉

    2005.12.02 (Fri) 18:28 | toe@cinematiclife
  • ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t佐藤直紀, サントラALWAYS 三丁目の夕日 オフィシャル・フォト・ブック2005『ALWAYS 三丁目の夕日』製作委員会三丁目の夕日 特別編西岸 良平公式サイトはコチラ周りのあまりの評判の良さに、これは是非とも見ておかなければと思い、12月1日映画の

    2005.12.02 (Fri) 14:26 | Whaddya say?
  • 今日は古きよき時代の日本にタイムスリップしてきました。昭和30年代の事なんか全く知らないあたしですが、こんなんだったんだろうな??って思ってしまうくらいリアルで違和感のないあったかい映画でした。是非両親にも薦めたい映画です。昭和33年の日本を舞台に、家...

    2005.12.02 (Fri) 12:39 | Alice in Wonderland
  • Always  -三丁目の夕日-今日は始めて現在上映中の映画について「Always  -三丁目の夕日-」 見てきましたよこの前の日曜日 本当は「チャーリーとチョコレート工場」を見に行ったんだけど完売しててさ 前々から見たかったこの映画....

    2005.11.23 (Wed) 03:47 | 音楽業界をぶっ飛ばせ!!
  • 西岸良平氏の長期連載漫画 『三丁目の夕日』 を「リターナー」の山崎貴監督が映画化。東京タワーが作られた昭和33年の東京。下町の自動車修理工場:鈴木オートに東北から集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。期待はずれのボロ工場と短気な工場主(堤真一)に愕然とする

    2005.11.20 (Sun) 23:53 | 粗製♪濫読
  • 西岸良平の原作コミックは昔ちょっと読んだ事があったのでどんな話か知ってはいたものの、その独特の作風がどうにも苦手で、それ以降全く読んでいなかった(別に嫌いじゃありませんが)。よって、この映画も当初全然観る気は無かったのだが、何故か観た人の評判がメチャクチ.

    2005.11.19 (Sat) 19:47 | ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション
  •  平日の夜に、ガラガラの映画館で、たった一人で映画を観るのは実にわびしい。ひどく寒い。観たのは「ALWAYS 三丁目の夕日」という大ヒットマンガをベースにした日本映画。本当は韓国映画の「私の頭の中の消しゴム」を観たかったのだが、きょうは恋愛映画を観る気分.

    2005.11.18 (Fri) 13:35 | 万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記
  • 楽しみにしていた映画を見た。「三丁目の夕日」。泣いた。一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。それぞれの出演者がいい味を出しており、BGMが涙を後押ししてくる。特に、駄菓子屋の売れな....

    2005.11.14 (Mon) 16:24 | 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
  • 映画 『 ALWAYS 三丁目の夕日  』  [ 試写会鑑賞 ]2005年:日 本  【11月05日ロードショー】 [ 上映劇場 ]監 督:山崎 貴VFX:   〃脚 本:山崎 貴、古沢良太原 作:西岸良平「三丁目の夕日 」    (小学館 ビックコミ

    2005.11.14 (Mon) 14:42 | やっぱり邦画好き…
  • ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(72) Always 三丁目の夕日Always 三丁目の夕日を観た。そういえば、家の前の道路は舗装されてなくて、通りから家の中までよく見えたな。日中戸締まりしている家なんてなかったっけ。...

    2005.11.12 (Sat) 23:43 | ヒューマン=ブラック・ボックス
  • 今日は、12,187歩だった。レイトショーでAlways 三丁目の夕日を観てから、11時頃歩いて帰宅。ずいぶん寒い。吐く息が白く見えそう。それもそのはず、早い年なら雪が降ることもある時期だ。帰宅したら、温かいおでんが待っていた。...

    2005.11.12 (Sat) 23:05 | ヒューマン=ブラック・ボックス
  • 人気blogランキングに参加してます!ここを一度クリックして頂けるとありがたいです。ご協力お願い致します。今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。集団就職で青森から来た六ちゃん。怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。駄菓子屋の茶川さんは、....

    2005.11.12 (Sat) 02:51 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
  • 11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと...

    2005.11.11 (Fri) 23:36 | 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
  • SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!

    2005.11.10 (Thu) 18:35 | Akira's VOICE
  • 携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAYS

    2005.11.10 (Thu) 00:06 | 京の昼寝~♪
  • 昨日から劇場公開中の「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました。近作映画を観るたびに悪態ばかりついているまっぴらでありますが、とかく最近病的に涙腺が弱い関係上(笑)、もうオープニングの“ゴム動力飛行機”からして、すでに駄目状態でしたよ。(笑) 劇場はざっと見

    2005.11.07 (Mon) 20:01 | まっぴら倶楽部録!