スティーヴン・キング「デスペレーション」読了

2016/10/26 (水) 15:25   0

ネバダ州にある鉱山の街デスペレーション(絶望)でひとりの警官が通り掛かった車を停め、殺人、拉致する事件が起こります。主人公の少年デビットは生き残った人たちと共に脱出を試みるのですが、犯人の男には未知の魔の力が宿り、さらなる殺戮が繰り広げられます。果たしてデビットたちの運命や如何に?いや、もう、冒頭からこの殺人マシーンと化した警官が怪しいカタカナ言葉を喋ってる時点で、怪物か宇宙人でしょ…みたいなね。...

 ↑ みなさんへ 数が増えると励みになります!  
この記事を読む