マクノスケblog

スター・ウォーズ、映画、ドール大好きおたく主婦の日記。

TOP > 2015年11月

映画「ラストナイツ」

「CASSHERN」の紀里谷監督よる日本の忠臣蔵を下敷きに、悪徳な大臣の陰謀により君主(モーガン・フリーマン)を失ったラストナイツ=最後の騎士たちが君主と一族の名誉を回復のため仇討ちを果たすアクション・コスプレもの。コスプレとは言っても、時代も設定も特にないどことなく西洋の中世が舞台。キャストも白人、黒人、日本人、韓国人、マオリ人と多種に渡り、ファンタジーを思わせるような感じでした。これだけの雑多な人で構...

… 続きを読む

  ←みなさんへ ポチッと押してね!  
* by にいな
見て来られたんですね!
ラスト・ナイツってタイトルがラスト・サムライの二番煎じ?と感じたり、
CASSHERNの世界観がイマイチだった(俳優さんたちの演技は良かったけど)私は、紀里谷監督がハリウッド映画撮って大丈夫なの?と心配してたんですが、マクノスケさん的には意外に良かったんですね?
クライヴ・オーウェンと伊原さんの対決とか、それは見てみたいですね!

にいなさんへ * by マク→にいなさん
私はそうでもなかったんだけど、マクタロウが「CASSHERN」が好きで…
紀里谷監督の才能を買っているので、見に行ったら、映像も抑え気味で
モノトーン画質がシックでイイ感じなんですよ。
世界観も人種は入り乱れているけど、基本中世のどこかって感じなので(架空だけど)
( ちゃんとチェコでロケをしている! )
「キングアーサー」を見るような感じで割と入って行きやすかったですよ。
それをクライヴ・オーウェンが「キング・アーサー」の時のような苦悩に満ちた
演技でやってくれているし、とにかく騎士道1本にテーマを絞っているところが
ブレていなくてそれを描き切ったって感じでした。
聞いた話だと「CASSHERN」を見たハリウッドの人から撮らないかって誘われた
そうで、監督名を知らなければ、ハリウッドの誰かが撮ったと思えるような映像でした。
とにかく伊原さんがあの中にあって互角の演技を見せているところも買いの映画でした。

Comment-close▲