23 2015

機動警察パトレイバー THE MOVIE


映画  アニメ  

20150422-08.jpg

5月1日から上映される「THE NEXT GENERATION パトレイバー首都決戦」
に備え、昨年上映された実写版のミニシリーズ(全7章)を見てから
劇場版の2作も復習しようという計画もいよいよ大詰め。
22日の夜、劇場版1作目の「機動警察パトレイバー THE MOVIE」を鑑賞。

1999年の東京。
篠原重工の天才プログラマー・帆場暎一の飛び降り自殺のシーンから
始まり試作レイバーの暴走を食い止める自衛隊の攻防が描かれる。
工事現場で働くレイバーによる暴走事故が相次ぎ、それが全て篠原重工の
HOS(レイバーのOS)の書き換えがあってからだと気づいた特車二課の
遊馬は調査を開始し、暴走の原因のなぞに迫っていく。

いや~これを最初に観たのは2004年の暮れで…
その時はまだOSとかバグとか全然わかってなかったもんだから
キャラへの共感とかラストのレイバー戦には燃えたものの話の肝は
全然わかってなかったってのがよくわかりました。(笑)

結局犯人の帆場がなんのためにレイバーに暴走するシステムを組んだのか
動機は語られずに映画は終わってしまうけど…
もちろん作中に解答はあるわけで、それが例によって伊藤+押井による
長セリフと小難しい言い回しによって見事に不明瞭になっているのだから、
これぞまさしく「着いて来られるヤツだけ着いて来い!」であったりなんかして~。(笑)
で、ググったりして、自分なりに答を考えてみました。

荒廃した下町と相反する巨大都市。
それに拍車が掛かるレイバーを主体するバビロンプロジェクト。
天才プログラマーの帆場はその名前からエホバとあだ名されたが、
本当の発音がヤーウェと知って喜ぶ。
巨大な力と自然を利用して巨大都市を殲滅させようとした
帆場はまるで神のような存在とも言えますが、
エホバとは呼ばれたくなかった=神のような存在にはなりたくなかったわけで、
自分がこういうシステムを作らなくてもいずれ人類が辿る道だと思ったんでしょうね。
それして自分が人類を試す道に至った。
この計画に気がつかない人類は滅ぼされて当然と。

生家を地上げで失い、思い出も奪われた挙げ句、
廃墟となってしまい見捨てられた街がある一方で、
ただただ巨大になっていく都市が憎くて仕方なかったのが
動機だったんでしょうけど、でも復讐と呼ぶには、転居していった場所を残し、
遊馬にヒントを与えているのは、どこかで人類に賭けていたのか?
大都市化していく東京に警鐘を鳴らす…
実は深~い1本だったんだなあ…と改めて作品の深いテーマに感銘。
…って、調べててわかったんですけど…
エホバ=ヤーウェって神とか主のことだったんですね~。
漠然とイエスの弟子の名前かと思っていた私。無知で恥ずかしい。

撮影をやっていた私としては1カットの長さに、ビビりまくり…。(笑)
特に遊馬と野明がピザを食べるカットのガラスに映るダブラシの
長さには撮影した人の心労を思い大変同情致しました。
ガラスに映ってるシーンを透けているように撮るには、1度目に半分の
露出で撮影して、頭までフィルムを巻き戻し、ガラスに写ってるキャラのセルを
外して、それ以外を2度撮りしなければならないのです。
つまり2回目にセルの置き違いをするとNGということになり一時も気が抜けません。
パトレイバーのアクションシーンやエレベーターのシーンも縦にブックをスライドさせたり
とカメラワークが多く、それがある程度長さがあるので非常に苦労したと思います。
こういうことを思うとデジタルになって楽になって良かったと言えますね。
ホコリにも悩まされなくて済むし…便利になって行くにも良いもんです。

機動警察パトレイバー THE MOVIE(1989)
Patlabor 1 The Movie
メディア 映画 Anime
上映時間 98分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(松竹)
初公開年月 1989/07/15
監督:押井守
演出:澤井幸次
企画:ヘッドギア
制作:スタジオディーン
原作:ヘッドギア
原案:ゆうきまさみ
脚本:伊藤和典
キャラクターデザイン:高田明美
作画監督: 黄瀬和哉
メカニックデザイン:出渕裕
メカニックデザイン協力:河森正治
佐山善則
幡池裕行
美術監督: 小倉宏昌
撮影監督: 吉田光伸
編集:森田編集室
音響監督: 斯波重治
音楽:川井憲次
声の出演:
古川登志夫 篠原遊馬
冨永みーな 泉野明
大林隆介 後藤喜一
榊原良子 南雲しのぶ
井上瑶 香貫花クランシー
池水通洋 太田功
二又一成 進士幹泰
郷里大輔 山崎ひろみ
千葉繁 シバシゲオ
阪脩 榊清太郎
辻村真人 実山
西村知道 松井刑事
小島敏彦 海法部長
小川真司 福島
辻谷耕史 片岡
平井隆博 指揮官
立木文彦 オッちゃん
西村智博 警官
林原めぐみ お天気おねえさん
佐藤政道 技師
子安武人 技師
菅原正志 警視庁幹部
梁田清之 パイロット
中嶋聡彦 アナウンサー



 ← クリックして貰えると大変喜びます!
23 2015

ブラックリストS2 #10


テレビ  海外ドラマ  ブラックリスト  


映画「パシフィック・リム」のプレミア。2013年7月9日。
右から2番目レスラー(ディエゴ・クラテンホフ)と右ブラクストン(ロン・パールマン)

第10話「ルーサー・ブラクストン(後編)」
ブラクストンはリズを連れてヘリで脱出。アラスカ州の病院で救急車を奪って去る。リズの拷問をまかせられたヒューイットは、「記憶は拷問でも取り出せないほど深くに埋められている」と言う。それを聞いたブラクストンは……。(スーパー!ドラマTV HP引用)

なんかそのまあ、あんなミサイルへのかっぱ!的な感じで
当たり前だけど、みんな助かっちゃって、いや、真っ先にレスラーとナヴァービに
振ってくれるところはレスラーファン(?)としては嬉しかったかなあ。
ナヴァービ絶体絶命なのに、その割りに冷静に吊る下がってるところを
てこの原理で持ち上げてナヴァービを降ろすところなんかその割り切れるじゃん!
と声援送ってました。

もうリズとブラクストンがどうやって助かったのかとか
どういう経緯でヘリに乗れたのかとか…そんな説明はどうでもいいんです。
早く拷問してリズの過去聞き出せやーってみんな観てる人は思ってたのでは?(笑)
でも、まあそれがこのドラマの肝だからそれがわかったら
いきなり最終回になっちゃうんでもう小出しにするっきゃないと。
レッドが幼いリズの火事の現場にいたことを認めただけでも大前進したって感じ?

って、レッドがブラクストンに絶対的自信を見せていたのは過去を呼び起こしても
改ざんした記憶しか残ってなくてフルクラムの場所は思いだせないって知ってた?
いや~でもなあ。今更、うさぎのぬいぐるみに何か隠されてましたーぁ
…はないと思うんだけどなあ。
それとも、それもレッドの仕込みで、ホントは生のウサギを飼ってるって記憶が
正しくてぬいぐるみの記憶は後付けだったりするのかなあ。
植え付けるときに、これだけはなにがあっても後生大事に持ってるようにって暗示掛けて。

まあ、その後のレスラーもレッドがリズの記憶を呼び起こそうとしてるのを止めたり
(いや、いや、今やめるわけにいかないから!)←視聴者の気持ち。
FBIに戻っていちゃついてるアラムとナヴァービの真ん中を分けるように通ったり
なんとか目立とうと必死!(いや、いや。そうじゃないって!)
薬依存だったり、人間皮剥男に捕まりそうになったり、
あんまりいいところはないけど、それなりに目立ってるよ。レスラー!
欲を言えばもうちょっとカッコイイ活躍の場面が欲しかったりして。

それにしてもストラザーンのところで吊されていたブラクストン。
靴が片方脱げて転がってたじゃありませんか!
あれって「パシフィック・リム」のパロディかと思ったの私だけ?
いや、違うか?(笑)

今後の展開はレッドVSストラザーンにトムがどういう風に絡んでくるかかなあ。
あ~あとクーパー本部長!もしかしてシーズン2の最終回までの命なのかあ?



 ← クリックして貰えると大変喜びます!
23 2015
blog-20180323-10.jpg

1979年にLPで発売して以来、未CD化であった「海のトリトン テーマ音楽集」に
加えて、未商品化BGMや主題歌・挿入歌も収録した、全音楽ファン必携の2枚組です。

だそうですよ!奥さん!!
さっそく予約してしまいましたよ~。
タイトルには7月発売と書きましたが発売日は7月29日です。
LPも同時発売ですって!
…って、2001年に買ったDVD-BOXまだ途中までしか見てないので
いい加減見ろよって話ですが…。(海外ドラマに浮気している場合じゃないよね。)



 今日の調子&メモ

ここのところ、昨年も暮れ頃と同じ症状に悩まされています。
なぜか夕飯を食べ終わった直後から息苦しさやピリピリした感じがあって…
昨日もヤバいんじゃあと思いながら「パトレイバー」見てました。
でも30分くらいで治っちゃう。
去年の暮れもそれで脳のMRIや血液検査とかしたけど何でもなくて…
これは更年期障害かなあと思ったりしています。

って言うか、この記事!
FC2創業者弟ら逮捕=公然わいせつ容疑-動画配信で収益・京都府警など
いや~、FC2のインフォメーションでは
「報道では、開発委託先会社ではなく、FC2の代表者が逮捕されたとの誤った
報道が散見されますが、FC2の代表者が逮捕されたという事実はございません。」
こんなふうになっているけど、大丈夫なのかなあ。
9月には乗り切れたけど…今回は?

 今日の更新

  のほほん本舗   今朝の空、マクタロウのお弁当、スター・ウォーズ日めくりの画像を追加
  日刊のほほん本舗   今朝の空、お弁当、スター・ウォーズ日めくりのまとめブログ
  スター・ウォーズの部屋   ファンが自作! スター・ウォーズの転がるロボット「BB-8」

 ← クリックして貰えると大変喜びます!
23 2015

機動警察パトレイバー2 the Movie


映画  アニメ  

20150424-04.jpg

4/11から2週間掛けて見て来た「パトレイバー」
それも今日の「劇場版2」を見れば一段落と言う事で力入れて見ました。

時代は2002年。
横浜ベイブリッジを爆破事件が起こり、それが自衛隊機によるものだったとされ、
自衛隊と警察が衝突。平和だった日本は事実上、厳戒態勢状態となる。
やがて特車二課の後藤に接近してきた陸幕調査部別室の荒川と共に
調査を始めていくと99年に東南アジアに派遣され辛酸をなめ、現在は
行方不明になっている元自衛隊員、柘植(つげ)であることがわかる。

いや~、私、2005年の初めに見たはずなんですが…
部分的にしか覚えてなかった。(恥ずかしい…)
結局、特車二課はあまり描かれず、パトレイバーの映画と言うよりは
後藤さん、南雲さんがメインの自衛隊VS警察のシミュレーション映画だったんだなあ。
設定が冬で雪ってのも「2.26事件」とか思い起こすようになってるんですねえ。
今回も(!)、やたらセリフが長いし…それがトンネルの照明の繰り返しだったり
するもんだから余計に睡眠効果大!!(押井マジック出た!)
またそれが小難しいセリフのオンパレードと自衛隊機のレーダー画面などの
軍事シーンなもんだから…軍事おたくでもなんでもない素人さんの私にしてみれば、
あ~そうなんですかと成り行きを見ていくことだけしか出来ず…
それでも、押井演出の実写のような情景にうっとりしながらなんとか
見られてたんですけどねえ。
まあ、松井刑事が行動を起こす辺りから最後のレイバー出動までは
かなりノって見られましたけど…。

こう書くと、まるでノレてないみたいですが、劇場版1作目とどちらがいいかと
言われると甲乙付けがたかったりして、なんとも複雑な心境なんです。
作画とか作品の質は俄然「2」の方が上だと思うんですが、
「2」は花がないって言うか、もちろん全体的に漂う緊張感とか喪失感とか
今までのアニメでは表現仕切れない部分が表現されていて素晴らしいとは
思うんですが、ロボットアニメとしての爽快感も欲しいんですよね。
「1」には空虚感と爽快感が両立していたので…
これで作画が「2」並みだったら、私は「1」の方が
「2」にくらべて、少しだけ好きになっちゃうかもしれません。
まあ、ミリタリーよりロボットアニメ好きなんで。(笑)
でも「2」は本当に良く出来た作品だと思います。
こうして「イノセンス」へと押井さんはレベルアップしていくわけですね。
あ、そうそう。「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」
南雲さんが出るみたいなんですけど…どんなふうになっているのか
レイバー、それなりに活躍してるといいけどなあ。
活躍しないんだとしたら、それなりのテーマとかキャラに力を入れて欲しいけどなあ。
押井さん期待してます-!!

機動警察パトレイバー2 the Movie(1993)
Patlabor 2 The Movie
メディア 映画 Anime
上映時間 113分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(松竹)
初公開年月 1993/08/07
ジャンル SF/サスペンス/戦争
監督:押井守
アニメーション制作:タツノコプロ
Production I.G
演出:西久保利彦
演出助手: 千葉大輔
原作: ヘッドギア
脚本: 伊藤和典
キャラクターデザイン:高田明美
ゆうきまさみ
メカニックデザイン:出渕裕
河森正治
カトキハジメ
メカニックデザイン協力:佐山善則
伊東守
藤島康介
音楽:川井憲次
声の出演: 大林隆之介 後藤喜一
榊原良子 南雲しのぶ
冨永みーな 泉野明
古川登志夫 篠原遊馬
池水通洋 太田功
二又一成 進士幹泰
郷里大輔 山崎ひろみ
千葉繁 シバシゲオ
阪脩 榊清太郎
西村智道 松井刑事
仲木隆司 佐久間
立木文彦 ブチヤマ
安達忍 進士多美子
小島敏彦 海法
大森章督 小寺
竹中直人 荒川茂樹
根津甚八 柘植行人

 ← クリックして貰えると大変喜びます!

archive: 2015年04月23日  1/1

機動警察パトレイバー THE MOVIE

5月1日から上映される「THE NEXT GENERATION パトレイバー首都決戦」に備え、昨年上映された実写版のミニシリーズ(全7章)を見てから劇場版の2作も復習しようという計画もいよいよ大詰め。22日の夜、劇場版1作目の「機動警察パトレイバー THE MOVIE」を鑑賞。1999年の東京。篠原重工の天才プログラマー・帆場暎一の飛び降り自殺のシーンから始まり試作レイバーの暴走を食い止める自衛隊の攻防が描かれる。工事現場で働...

  •  0
  •  0

ブラックリストS2 #10

No image

View image | gettyimages.com映画「パシフィック・リム」のプレミア。2013年7月9日。右から2番目レスラー(ディエゴ・クラテンホフ)と右ブラクストン(ロン・パールマン)第10話「ルーサー・ブラクストン(後編)」ブラクストンはリズを連れてヘリで脱出。アラスカ州の病院で救急車を奪って去る。リズの拷問をまかせられたヒューイットは、「記憶は拷問でも取り出せないほど深くに埋められている」と言う。それを聞いたブラクス...

  •  0
  •  0

7月発売「海のトリトン オリジナル・サウンドトラック」【CD2枚組】

1979年にLPで発売して以来、未CD化であった「海のトリトン テーマ音楽集」に加えて、未商品化BGMや主題歌・挿入歌も収録した、全音楽ファン必携の2枚組です。だそうですよ!奥さん!!さっそく予約してしまいましたよ~。タイトルには7月発売と書きましたが発売日は7月29日です。LPも同時発売ですって!…って、2001年に買ったDVD-BOXまだ途中までしか見てないのでいい加減見ろよって話ですが…。(海外ドラマに浮気してい...

  •  0
  •  0

機動警察パトレイバー2 the Movie

4/11から2週間掛けて見て来た「パトレイバー」それも今日の「劇場版2」を見れば一段落と言う事で力入れて見ました。時代は2002年。横浜ベイブリッジを爆破事件が起こり、それが自衛隊機によるものだったとされ、自衛隊と警察が衝突。平和だった日本は事実上、厳戒態勢状態となる。やがて特車二課の後藤に接近してきた陸幕調査部別室の荒川と共に調査を始めていくと99年に東南アジアに派遣され辛酸をなめ、現在は行方不明にな...

  •  0
  •  0

Designed by Akira.

Copyright © マクノスケblog All Rights Reserved.