09 2013

映画「グランド・イリュージョン」


映画  映画館で観た映画  

20131109-02.jpg「タイタンの戦い」「トランスポーター」のルイ・ルテリエ監督作品ということでサム+ステイサム+ルテリエ監督の容姿ファンの私としてはワクワクしながら近所のシネコンに映画「グランド・イリュージョン」を見に行ってきました!
(原題は NOW YOU SEE ME)

イリュージョンチーム"フォー・ホースメン"(4人の奇術師)がみせた犯罪と思わしき舞台(パリの銀行から現金を瞬間移動させて観客席にばらまく)から始まり、彼等を逮捕しようと躍起になるFBIローズ捜査官(マーク・ラファロ)の攻防が描かれるのですが…

しばらく見ていくと、どうやら主役はイリュージョンチームではなく、逮捕する側のローズ捜査官だとわかり、むむっとなってきました。そこにマジックの種明かしを生業にしいている男サディアス(モーガン・フリーマン)やフランスからやって来たインターポール捜査官アルマ(メラニー・ロラン)が絡み、物語冒頭で語られる"フォー・ホースメン"を集めた黒幕が誰なのかという展開になっていくのですが…

まず、説明のしようのないマジックってのは如何なモノかと。
ラスベガスやニューオリンズでのお金の送金、ニューヨークのビルの退場シーンも実際は不可能なんじゃないかなあ。
なんかこのパターン「スティング」を思い出しちゃうんですけど、それだったら、最初から黒幕が自分の目的を4人に明かしてマジシャンの名誉のために事を成すって方がよかったようにも思うけどなあ。
って「アイ」って設定必要だったんですかねえ?う~む。わからん。
またインターポール捜査官アルマ(メラニー・ロラン)が「オーケストラ」「イングロリアス・バスターズ」に引き続き謎の女をやってるんですが…今回の場合、ちょっと空回りだったかなあと言う印象。相変わらず可愛いから憎めないんですけどね。
それから"フォー・ホースメン"のジャック・ワイルダー役のデイヴ・フランコ
あのアカデミー賞の司会も務めたジェームズ・フランコの弟だったんですね。
いや~、なにげに彼が一番強かったんじゃないかって思っちゃいました。

し か し 、 私も見事に騙されましたけどねえ。
でも、あれだと証拠不十分で思惑通りにはならないんじゃないのかなあ?
ルテリエ監督も「トランスポーター」のような作風だったら良かったのかもしれないんですが、イリュージョンがテーマだからこそ、ちゃんと無理のないような(ある程度ウソでも)説明がつくような展開で作って欲しかったかなあ。
ちょっと期待通りには行かなかったと言う感じでしたかねえ。

 今日の更新 
マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ

 ← クリックして貰えると大変喜びます!

archive: 2013年11月09日  1/1

映画「グランド・イリュージョン」

「タイタンの戦い」「トランスポーター」のルイ・ルテリエ監督作品ということでサム+ステイサム+ルテリエ監督の容姿ファンの私としてはワクワクしながら近所のシネコンに映画「グランド・イリュージョン」を見に行ってきました!(原題は NOW YOU SEE ME)イリュージョンチーム"フォー・ホースメン"(4人の奇術師)がみせた犯罪と思わしき舞台(パリの銀行から現金を瞬間移動させて観客席にばらまく)から始まり、彼等を逮捕しようと躍...

  •  2
  •  0

Designed by Akira.

Copyright © マクノスケblog All Rights Reserved.