マクノスケblog

スター・ウォーズ、映画、ドール大好きおたく主婦の日記。

TOP > 2013年07月

BSプレミアム「八甲田山」

BSプレミアム「八甲田山」

お昼にNHKBSで放送された「八甲田山」を視聴。いや~昔どこかの局で放映された時に例の有名なセリフ「天は我々を見放した」辺りから見始めた憶えがあるのですが…恥ずかしながら全然覚えてませんでした。そのセリフ以降映画が1時間近く続くことにもビックリ。誠実に雪山を進む高倉健率いる弘前第三十一連隊と上司に恵まれず極寒の八甲田を彷徨うことになる北大路欣也率いる青森第五連隊が対称的すぎて…心が痛かったです。北大...

... 続きを読む

高倉健「八甲田山」劇場用映画ポスタ-③ B2お昼にNHKBSで放送された「八甲田山」を視聴。いや~昔どこかの局で放映された時に例の有名なセリフ「天は我々を見放した」辺りから見始めた憶えがあるのですが…恥ずかしながら全然覚えてませんでした。そのセリフ以降映画が1時間近く続くことにもビックリ。

誠実に雪山を進む高倉健率いる弘前第三十一連隊と上司に恵まれず極寒の八甲田を彷徨うことになる北大路欣也率いる青森第五連隊が対称的すぎて…心が痛かったです。北大路さん(神田大尉)も上司である三国さん(山田少佐)に逆らえないのはわかるのですが、それでも多くの犠牲者が出たことを思うとあそこで進言していれば…とかなんとか三国さんを説得出来なかったものかとか…いろいろ悔やまれます。最初の道案内をしてれることになっていた村人(加藤嘉さん)を三国さんが断っちゃうところからもう神田大尉(北大路さん)は「運に見放されていた」かも。

映画は2時間かけて三国さんに振り回されて山を右往左往する青森第五連隊を中心に描き、残りの1時間で青森第五連隊と行く会うはずだった弘前第三十一連隊の苦難に満ちた山越えと涙なくしては見られない遭難者の発見に続きます。途中、弘前第三十一連隊の道案内をする村娘が素朴でメッチャ可愛いんですが当時23歳の秋吉久美子!昨日「八重の桜」で大蔵の母役で出ていたことを思うと、36年も一線で活躍しているってことになるんですよねえ。(デビューは73年だから今年40年!)他にも島田正吾、大滝秀治、丹波哲郎 、藤岡琢也と今は亡き名優が一挙出演。中でも前田吟さんの弟のエピソードや緒形拳さんの映画の最後のシーンなど涙亡くしては見られず…もう、相当泣いて疲労困憊でした。

でも当時このようなジャンルに興味がなくて日本映画なんて~なんて言っていた自分が恥ずかしいです。今これだけの作品を作れる映画会社はないんじゃないかと思う程スケールが大きい映画でした。あの雪崩のシーンはどうやって撮ったんでしょうかねえ。かなり迫力ありました。出来ればもうちょっと画面が明るいといいなあとも思ったのですが、昨今の全部にピントがビッチリ合うか遠景をぼかして手前にピントを合わせ奥行きを出すというギトギトした映像に比べると明るさを抑えたライティングで画面が重厚に仕上がっており上品な色合いで好みでした。出来ればまたこういうスペクタクルな作りの映画を邦画でも観てみたいものです。


八甲田山 1977年 東宝 169分

日露戦争前夜、徳島大尉(高倉健)率いる弘前第三十一連隊と神田大尉(北大路欣也)率いる青森第五連隊は、八甲田山を雪中行軍することに。少数編成で自然に逆らわず行軍する三十一連隊。一方、大編成で真っ向から八甲田に挑んだ五連隊は、目的地を見失い吹雪の中を彷徨し、遭難する。
新田次郎の『八甲田山死の彷徨』を、黒澤明の愛弟子で東宝青春映画の旗手として知られた森谷司郎監督が完全映画化。出演者の中に脱走者が出たとも伝えられる極寒の八甲田で長期撮影を敢行し、正に本物の雪の恐怖が観る者に襲いかかる。また、傲慢な上司(三國連太郎が熱演)の采配ミスで部下が四苦八苦する五連隊の構図は、現代サラリーマン社会とも共通するものがあり、当時「洋高邦低」と呼ばれて久しかった日本映画界で未曾有の大ヒットを記録。日本映画の底力を見せつけるとともに、森谷監督は以後超大作監督として大いに名を馳せることになった。(的田也寸志)内容(「Oricon」データベースより)


 今日の更新 
マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ


    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    
豪華☆ * by uk
豪華な顔ぶれですね。
借りてでも観たくなりました。
でも疲れるほど泣くとなると。。。
スケジュールをがっつり取らなくてはですね(^o^;)

UKさんへ * by マク→UKさん
今となってはスゴイ豪華な顔ぶれですよねえ。
三国さんの出番が結構多いのである意味追悼になったのかも。
(でもすっごく嫌な人だけど…それも演技を楽しめる!)

やっぱり遭難モノなので…救いようもなく…
それとは逆に時折入る健さんの少年期の思い出のシーンすら
泣けちゃう自分…
年を取って涙もろくなったなあとしみじみ思いました。
是非スケジュールを取って見てみて下さい~!!

男のドラマよね * by ゆうみ
ちょっと衝撃的な事を病院で言われてきたから
立ち直ったら見てみたい。

う~さんへ * by マク→う~さん
ど、どうしたの!!!
大丈夫?またなにかあったらメール頂戴!!
立ち直れるよう願ってるよ!

Comment-close▲