レッド・バロン

2011/06/04 (土) 23:42  映画  0

マクタロウが切望していた「レッド・バロン」を観に横浜まで行ってきました。1回、アメリカ版のブルーレイで観ていたお陰で端折り気味な展開もわかりやすく人物の見分けも付いて純粋にキャラクターに共感しながら観ることが出来たのですが、改めて見直してみると…戦争映画ってより恋愛ドラマの要素が強い。確かにヒロインの言ってる反戦の気持ちもわかるし、それによってリヒトホーフェンの心に戦争の空しさが芽生えるて来るのも...

 ↑ みなさんへ ポチッと押してね!  
この記事を読む