マクノスケblog

スター・ウォーズ、映画、ドール大好きおたく主婦の日記。

TOP > 2010年03月

トランサミンカプセル

午前中、電子レンジを市のゴミ焼却場に出しに行き、お昼を函南のマリーへ寄ってで食べたのですが、食べる前から気持ち悪かったのが、更に悪化。食料品の買い物をしていったん、帰宅後、ちょっと調子が戻ったのでまた出掛け、すみや、OAナガシマ、ヤマダデンキとハシゴをし、マクタロウがヤマダデンキで「トラ・トラ・トラ」のブルーレイを購入。ところがまた胃の辺りがモヤモヤし始め、気分も悪くなって来たので、夕飯を作るのが...

 … 続きを読む  

     ←ポチッと押すと喜びます!  
トリミング版は * by いなりん
DVDとトリミング・サイズが違うということですが。

4:3の日本公開版ではなく、US版のシネスコ・サイズで、両サイドが切れていたという事ですかね?

もしそうなら、自分も興味があります。

この映画は、日本公開版のスタンダードサイズと、北米公開版のノートリミング版の2種類があるのは、Blu-ray版をお持ちなのでご存知と思いますが、これとは別の仕様であるなら、ちょっとビックリですね。

あるいは、DVD再生時の場合、モニターの機能でズームがかかって、全画面表示されていないだけかもしれません(シネスコの場合でも、ビスタサイズで表示される事があります)ので、1度ご確認を。
この場合、TVのモニター表示サイズの設定で調節し、見えていなかった両サイドの映像が出てこれば、Blu-ray版と同じ画面比率という事になりますね。

* by みちりん
私も以前皮膚科でトランサミンもらって飲んだことありますが、やっぱり胃にきて(痛みや吐き気や気持ち悪いとか)飲み続けられませんでした。トランサミンが原因かわかりませんが、何しろたくさん薬飲んでますから(苦笑)
それで薬飲むのが面倒になったので、フォトフェイシャルしちゃいました。ビタミンCとかの方が胃の負担は少ない気がします。まあ手っ取り早いのはファンデーションやコンシーラでしょうか(って根本的に何の解決にもなってませんよね)

お返事ー! * by マクノスケ
>いなりんさん
ブルーレイに収録されている日本劇場公開版とアメリカ劇場公開版共に見てみたのですが、
今回収録されているのは、両方ともシネスコサイズで見えている部分も同じでした。
DVDのアメリカ公開版もシネスコなんですが、先ほど、モニターで画面サイズを
いろいろ設定し直して確認してみたのですが、どのサイズにしても
左右に切れている人は映っていませんでした。
となると、LD時代からDVDに至るマスターがトリミングされたもので、
BDになった時に修正されたとみるべきなのかと思ったのですが、
なぜトリミングされていたのか謎ですね。

>みちりん
えーーー!!みちりんも胃が痛くなっちゃったの?
そうか~。私たちってそのほかにもいろいろ飲んでいるから、
(って、私の方が何倍も飲んでるね。)
胃の負担が通常の何倍にもなるんだね。
今月最後のケロちゃんの日にトランサミンからビタミンCに変えて貰うよ。
ファンデーションで隠せるうちはまだ良かったんだけど、
もうそれも不可能なくらい酷いのでなんとかしたいのよ~。
でもこんなに気持ち悪いんじゃあ、トランサミンは諦めなくちゃなあ。
でも、昨日から薬を飲むのをやめたら、だいぶ気持ち悪いのも
良くなってきたような気がする~。
やっぱりトランサミンのせいだったのねえ。

Comment-close▲