マクノスケblog

スター・ウォーズ、映画、ドール大好きおたく主婦の日記。

TOP > 2010年02月

コララインとボタンの魔女

コララインとボタンの魔女

「コララインとボタンの魔女 3D」日時と観賞場所:2009.02.28.小田原TOHOシネマズ原題:CORALINE監督:ヘンリー・セリック「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」「モンキーボーン」音楽:ブリュノ・クーレ「WATARIDORI」「ヴィドック」「オーシャンズ」声の出演:ダコタ・ファニング(榮倉奈々)、テリー・ハッチャー(戸田恵子)コンセプトアート:上杉忠弘 ねたばれしてますのでご注意を!マクタロ...

... 続きを読む

20100228-01.jpg

「コララインとボタンの魔女 3D」
日時と観賞場所:2009.02.28.小田原TOHOシネマズ
原題:CORALINE
監督:ヘンリー・セリック「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」「モンキーボーン」
音楽:ブリュノ・クーレ「WATARIDORI」「ヴィドック」「オーシャンズ」
声の出演:ダコタ・ファニング(榮倉奈々)、テリー・ハッチャー(戸田恵子)
コンセプトアート:上杉忠弘
ねたばれしてますのでご注意を!

マクタロウ
「まずは日本で公開されて良かったね。フィギュアまで買って待っていた甲斐があった。」

マクノスケ
「セリック監督の前作「モンキー・ボーン」があまりにも
話題にならなかったから心配していたけど公開されて嬉しかったね。」

マクタロウ
「ただ3Dってのがなあ。だから仕方ないかもしれないけど吹き替え!
ダコタちゃんの声を聞いてみたかった」(→帰宅後Youtubeで見ました。)

マクノスケ
「やっぱり目に来るねえ。どうしても3Dメガネを掛けるとぼやけるから、
DVDが出たら2Dではっきりした映像で見てみたいな。」

マクタロウ
「前回の「モンキーボーン」は実写だったけど、今回は監督の原点に立ち返った
人形アニメ。ストップモーション・アニメと、CGIアニメが併用されていて、
そのコマ撮りの手間を考えたら改めてスゴイと思うよ。」

マクノスケ
「紙に書くアニメは前後の動きを動画用紙をめくる事によって
確認しながら描き進められるけど、人形アニメってアニメーターの感覚で
1コマずつ動かしてるんだよねえ。今はビデオですぐに確認出来るから、
カメラアングルも凝れるのかな?」

マクタロウ
「そうそう。コララインのデザインもさることながら、動きも可愛いんだよな。
それに他のキャラも面白くてセリック監督はファンタージの中に、
大人のテイストと毒気をバランス良く配置できる才能がある監督だと思うよ。」

マクノスケ
「だけど、あのウチが一軒家でなくてアパートだって知らなかったんだよね~。
各階にあんな奇妙な人達が住んでいるとは!」

マクタロウ
「特にボビンスキーのとびねずみのショーは実際に見てみたいな。
ミス・スピンクとミス・フォーシブルのおばさんのショーも良かったけどね。
テリアがハムスターの回し車みたいなのを一生懸命走って
舞台装置を動かしてるのも良かったな。」

マクノスケ
「おばさんのショーの「ビーナスの誕生」のシーンは、かなりえぐかったよねえ。」

マクタロウ
「子供に刺激ありすぎだろ!(笑)」

マクノスケ
「そ~こ~が~~~~セリックかんとく~~~~~って感じじゃないの?(笑)」

マクタロウ
「セリック監督作品として「コラライン」を堪能したけど、ニール・ゲイマン原作だと
俺は「ミラーマスク」の方が好きだな。」

…とPCでアマゾン検索に入るマクタロウ。

マクタロウ
「ブルーレイ出てる!!!」

マクノスケ
「えーー!そうだったのか!これは異世界探検物として
「落下の王国」と「ミラーマスク」もブルーレイ買うしかない?」

マクタロウ
「…って節約してるんじゃなかったけ?」

マクノスケ
「あーーー!!そうだったぁ~!DS買ってる場合じゃなかったなあ。」



私的備忘録
「鋼の錬金術師第46「迫る影」」「相棒シーズン5・3話」観賞。

    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    
* by Maya
実は私も昨日子供らと見て来たんだけど
前日にちょっと色々あって寝不足だったもんだから
なんと!途中で意識がとんじゃって…
1000円でみたとはいえ、もったいないやらもうしわけないやら。
感想なんて書く資格なし…

でも、リアルママが自分の姿と重なって、なんだか心が痛かったよ(涙)。

お返事ー! * by マクノスケ
>Mayaちゃん
そうか~。Mayaちゃんも見てきたのねー。
前日にいろいろ?車の納品だっけ?
あ、でも、寝不足だから違うのか…。
あ~だけど、確かに最初から中盤、私も眠かった。
その割に単調だったかなあ。
展開がその割にありがちで、キャラのエピソードとか
小道具で笑えたり感心したりする作品だったもんね。

>でも、リアルママが自分の姿と重なって、

そうか…。
いや、でも、働くママは、みんなそうなのかも。
Mayaちゃんのところだけじゃないと思うよー。
それだけ働く主婦は大変なんだと思う。
働いてなくても主婦業に四苦八苦しているあたし(^^;)ゞ
映画でも最後に手袋買ってあげるシーンがあったよね。
あれって、監督はそういうお母さんを否定しているわけではないんだなって思った。
あ~やってバランスを保ちながらやっていくのが家族なのかなとも思ったよ。

* by ジャムリ
私は2枚組DVDを購入したのですが、画面も小さいし、最初から2Dでしか観てません。
でも十分きれいでしたよ!
オープニングのあの手の動きから、ぐっと映画の世界に引き込まれました。
ちょっとしたところの動きも好きでした。
コララインが本物のパパの部屋のドアにぶらさがってブラーンとする重力の感じとかすごいしかわいいし!
とびねずみは、登場した時点からあの動きの虜に(笑)。
あと、色も好きでしたねー。石の灰色の庭にコララインの髪とコートが映えて。
あっちの世界はもう言うまでもありませんが、
現実世界に色を持ってきた時のコントラストにはまた別の魅力がありますよね。
並木の花びらもよかったし、細かいところではキャラ達の衣装の作りこみもよかったですねえ。
毒気ももちろん好き。たしかにあのビーナスは強烈でしたけど(笑)。

>「落下の王国」
これはDVD持ってますが、ブルーレイでの画像にも憧れますね・・・。
あの美しさがさらにパワーアップしたらどんなになるんでしょう・・・?

お返事ー! * by マクノスケ
>ジャムリさん
本当に色が鮮明でメリハリが効いた映像でしたねえ。
3Dだと最初に針が突き出てくるカットが、あからさまに3Dを意識した作りになってましたが、
そういうシーンで一番効果的だったのは、向こうの世界へのトンネルでしょうか?
あとは、こちらの世界で窓の向こうに瞬く星とか、奥行きがあるカットは、
まずまず効果が出ていましたが、やっぱり3Dの方式のせいなのか、
どうもくっきりとは見えなくて出来れば2Dのくっきりした画面でもっと見たいと思いました。

>パパの部屋のドアにぶらさがってブラーンとする重力の感じ…
質感、重量感、動きのタイミングなどすばらしかったですよね~。
やっぱりアニメーターの方たちの才能がずば抜けているんでしょうか?
しかし、今回映像を見て、前に買ったフィギュア、良くできていたんだなーと感心しました。
まさにあれが動いている感じでした。
「落下の王国」も欲しいとは思ってるんですが、つい後回しになってしまって。
どうせ買うならブルーレイとは思ってるんですけど
「サマーウォーズ」も明日来るので、更に先延ばしになりそうです。

Comment-close▲