マクノスケblog

スター・ウォーズ、映画、ドール大好きおたく主婦の日記。

TOP > 2006年06月

W杯:日本-クロアチア戦

W杯:日本-クロアチア戦

第1戦でオーストラリアに1-3で逆転負けし、後のない日本は3-5-2から4-4-2のより攻撃的なシステムに変更。右足首痛で初戦を欠場した右サイドの加地亮(G大阪)とMF小笠原満男(鹿島)が初めて先発した。炎天下の試合で、日本は持ち味の球回しから好機を築き、中田英寿(ボルトン)、小笠原らがシュートを放った。後半も再三、好機を築いたが、ゴール前で決定力を欠いた。守っては前半22分に許したペナルティーキック(PK)をGK...

... 続きを読む

第1戦でオーストラリアに1-3で逆転負けし、後のない日本は3-5-2から4-4-2のより攻撃的なシステムに変更。右足首痛で初戦を欠場した右サイドの加地亮(G大阪)とMF小笠原満男(鹿島)が初めて先発した。
炎天下の試合で、日本は持ち味の球回しから好機を築き、中田英寿(ボルトン)、小笠原らがシュートを放った。後半も再三、好機を築いたが、ゴール前で決定力を欠いた。守っては前半22分に許したペナルティーキック(PK)をGK川口能活(磐田)がはじき出すなど、再々の好守でピンチを防いだ。(共同通信)


今日は朝から下痢で午前中寝込んでしまいましたが、午後復活して買い物に言った後、10時からのクロアチア戦に向けて万全の準備をし、精一杯応援したのですが、残念ながら結果はドロー。

ディフェンスと川口は健闘していたし、中田もボールを積極的に回し、自らもゴールを狙ってなんとか得点しようと頑張っていたにもかかわらず、FWがいまひとつ!!!小笠原、玉田の惜しいゴールと俊輔のフリーキックが決まっていたらなあ。しかしブラジル戦で2点差以上で勝つのはむずかしいしねえ。出来れば今回1点差でも勝って欲しかったのになあ。あーなんだか、気が抜けた~って感じです。
    ポチッと押して貰えるととっても嬉しいな!    
[Tag] * 日常 * テレビ